無垢 弐

無垢 弐

『無垢 弐』は1997年にWIN用として、
にくきゅうから発売されました。

八宝備仁さんの描くキャラの可愛さと、
着せ替えシステムの新鮮さが印象的な作品でした。


無垢 弐

<概要>


ゲームジャンルは調教SLG。
WIN用の調教SLGはまだ数が少なく、
当時としては『虜』シリーズの次くらいの位置にあったかと思います。

あらすじ・・・
ブティックを経営し、金も、裏社会の権力もある主人公。
そんなある日、魅惑的な娘に出会い、目をつけ、秘書に命じた。
「あの娘を手に入れろ…」

<感想>


内容は借金を抱えたヒロインが、
主人公のところにメイドとしてやってくるというもので、
基本はメイド調教SLGになります。
メイド調教ものが流行った時期もありましたが、
その一端を担った作品と言えるでしょうね。

もっとも調教SLGは数あれど、
ファッションデザイナーが主人公ということで、
他とはちょっと違った雰囲気を有していた作品でもありました。
ストーリーそのものが優れていたというのではないのですが、
ちょっと毛色が異なるということもあり、
今も昔もわりと新鮮な印象でプレイできるように思います。

まぁSLGですからね、だらだらとストーリーを押し付けられるより、
他とはちょっと違うネタは用意したよ、
そこから如何に物語を作り上げていくのか、
それは全てあなた次第だよっていうのも、
ある意味正しいように思いますけどね。
特にこのゲームは期間というものもありません。
ヒロインは借金を返済するために来ているのであり、
主人公は定期的に活動に応じて給料を支払います。
つまり借金相当額をヒロインに一気にあげれば、
その時点でゲームは終わりになってしまうということですね。
物語を続けるのも終わらせるのもプレイヤー次第なわけで、
最近の読まされ押し付けられるノベルとは、
設計思想が全く異なるゲームだと思います。

もっともその潔さには好感を抱くものの、
ストーリー部分や調教SLGとしてのゲーム部分自体は、
普通には楽しめるものの、特別秀でているとまでは言えなかったでしょう。
ここまでなら良作ってところでしょうね。

しかしこの作品が他の調教SLGと大きく違っていた、
つまり作品の特徴として言えるのは着せ替えシステムにあると思います。
これは主人公がファッションデザイナーですので、
時間の合間に3人いるヒロインらに、
デザインを教えることができるのです。
そしてヒロインらのデッサン力が上昇すると、
新たな衣装やアイテムを作ることができるようになり、
その衣装やアイテムを使用したHができるわけですね。

発想的には大げさなわけでなく、
ヒロインの服装を様々なものに変えることが出来たってだけなんですけど、
早いもの勝ちってやつですね。
とにかく種類は一杯ありましたし、
いろんな服を着せてHさせるのが新鮮で楽しかったです。
これで着せ替えに目覚めたとか、
コスプレHに目覚めた人もいたのではないでしょうか。

そういやKISSでの着せ替えとか流行った時期もありましたが、
また着せ替えが増えて欲しいのですけどね、
今はちょっと下火で寂しいですね。

<総合>


WIN用の調教SLG自体が希少だった上に、独自のシステムですからね。
八宝備仁さんのキャラは可愛いかったですし。
windows初期の名作と言って良いように思います。
にくきゅうはアダルトゲームとしてのゲーム性にこだわったところだけに、
ここにはもう少し頑張って欲しかったなと、
今更ながらに残念に思いますね。

ランク:A-(名作)



ダウンロード版
無垢 弐

関連するタグ WIN /SLG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/607-d62099a5
| ホームへ戻る |