シバース ~呪われた博物館~

シバース ~呪われた博物館~

『シバース ~呪われた博物館~』は1996年にWIN用として、
シエラ・パイオニアから発売されました。

95年にsierra社から発売された『shivers』の日本語移植版になります。

ゲームジャンル:MYST系ADV


<概要>


ジャンルは一応MYST系のADVになるのでしょうが、
博物館の館内が舞台になるということもあり、
どちらかと言うと『7th guest』とか、
そういった類の流れを受け継いだ作品なのでしょう。

ストーリー的には館モノ、或いはミステリー・ホラー系となるのですが、
MYST系ということもあり、
テキストによるストーリーそのものは重視されていません。
それよりも絵や音を堪能することによって、
世界観を自分の肌で感じろってことですね。

<感想>


ホラー系は私の感覚が麻痺しているので何とも言えないのですが、
パッケージの絵からして伝わってくるように、
雰囲気は良くできていたように思います。
shive02.jpg

同じく謎解きも水準以上で、こちらもまた良くできていたのでしょう。

つまり本作は、MYST系ADVとしてはかなり完成度が高い作品なんです。
実際、海外のサイトでも絶賛しているところが幾つもありますし、
完成度を基準にすればそれも納得できるように思います。
系統的にもメガCDの『夢見館の物語』とかが好きな人は、
かなりの確率で楽しめるのではないでしょうか。

ただ、非常に良くできているしプレイ中は楽しかったはずなのですが、
もう1つ本作ならではの印象が薄かったわけでして。
シバースは既存のADVの良いところをとったような作品でもあり、
逆から見れば個性がやや乏しいのかなとも思うのです。

<総合>


全体としては、個性を重視する私とは相性の悪い作品でもあり、
それでイマイチ点数が伸びなかった感じですね。

そういうわけで、個人的な評価は良作止まりです。
もっとも上記のように当時のMYST系の中では高い完成度を有していましたし、
そういう観点を重視する人ならもっと楽しめるように思います。

因みに私は未プレイなのですが、シバースには続編もあります。
タイトルもそのままの直球で、『shivers2』となっています。
私はプレイし損ねたので何とも言えないのですが、
どうやら初代より続編の方が評判が良いみたいなんですね。
昔感想を読んだ分には面白そうだったのだけれど、
続編の方は日本語化されなかったのでちょっと残念でした。

ランク:B-(良作)



関連するタグ WIN /ADV /MYST系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/604-762b730a
| ホームへ戻る |