穢翼のユースティア

穢翼のユースティア

『穢翼のユースティア』は2011年にWIN用として、
AUGUSTから発売されました。

萌え路線に強かったAUGUSTがシリアスにも挑戦したということで、
話題性も高かった意欲作だったのですが…

ゲームジャンル:ノベル系ADV
穢翼のユースティア

AUGUSTのシリアス路線ということで話題性の高かった本作。
暗殺者であったとか娼婦であるとか、
確かにこれまでのAUGUSTらしからぬ雰囲気で、
シリアス或いはダーク系と呼ばれるような方向性になっていました。
ハイファンタジー系でもあり、
流れ的には宮廷劇とか政治的な面が強かったりもするのですが、
ラストのオチとしてはセカイ系に持っていった感じですね。

ゲームシステムはノベル系のADVなのですが、
共通ルートから誰かのルートへっていうのではありません。
基礎となる大きなルートが一本あって、
そこから各ヒロインへのEDに派生するって感じなわけで、
昔の98時代に比較的多く見られたタイプでしょうか。
このタイプはヒロインを掘り下げるとか萌えの追求には向いていませんが、
伝えたいストーリーを強調するのには適しているわけで、
シリアスなストーリーを強調するという観点からは合っていたと思います。

問題はそのストーリーなわけでして。
いつも同じことをやっていても駄目だろと思う私には、
変化をしようとしたAUGUSTの姿勢自体は、
とても好ましいように思いました。
なので期待もいつも以上にあったわけですが、
シリアス・ハードと言うのはあくまでも従前のAUGUSTと比べての話であり、
他と比べるとそれほどでもないというか、むしろ温いくらいです。
せっかくこういう題材を選んだのだから、
もうちょっとハードに行ってもらいたかったわけで、
どうしても物足りなさも感じてしまいました。

それと、主人公が最初は格好良く見えたんですけどね。
流れに翻弄されつつも~って書けば聞こえも良くなるかもですが、
ようは理想と現実で右往左往しっぱなしで、
周りに流されて流されて流されっぱなしに思えたわけで、
むしろきっちり決断したヒロインにあれこれ言い放つ姿には、
何だコイツと思っちゃうわけで、次第に好きでなくなっていきました。

テキストも良く言えば丁寧なのでしょうが、
テンポが遅くて少し退屈に感じてしまいましたし、
それに加えてストーリー自体に意外性がないこともあり、
この作品らしさを感じることはできなかったのが残念でした。

まぁストーリーが竜頭蛇尾という意味ではいつものAUGUSTなのですが、
これまではストーリーそのものが見掛け倒しに終わっても、
キャラの魅力と萌えという強力な要素があったわけでして。
それがここの最大の持ち味でもあったわけですしね。

しかし、上記のように今回はシリアス路線で、
かつシステム的にもヒロインに焦点を当てた作品ではありませんので、
必然的に萌えとかキャラの魅力が弱まってしまったんですね。
結果的に萌えという他社には負けない絶対的要素が損なわれ、
ストーリーがそれを補えなかったために、
どことなく特徴の薄い中途半端な感じの作品になってしまいました。

キャラ絵はAUGUST作品の中でもかなり好みで、
っていうか、おもいっきりドツボだっただけに、
正直この絵で萌え作品を作ってもらえた方が、
今回ばかりはありがたかったように思います。

因みに、背景にはゆうろさんも参加しているようで、
背景も綺麗でしたね。

そういうわけで、意欲は買いたいけれど、
全体では印象の薄い作品になってしまいました。
得たものより失ったものの方が多い感じでもあり、
今回は厳しいかもしれませんが凡作ってところでしょうか。
まぁギリギリ佳作でも良いようにも思いますが、
何れにしろその辺りになります。
作品単体の評価はFAよりもかなり下がるのですが、
変えようとした姿勢は買いたいわけで、
むしろブランドに対する印象は良いものに変化しました。
今回はまだ過渡期なのであり、
次以降の作品こそが大事になってくるように思いますし、
これからの作品とAUGUSTの動きに期待したいものですね。

ランク:D(凡作)

穢翼のユースティア
穢翼のユースティア AMAZONで商品詳細を見る


穢翼のユースティアs

関連するタグ WIN /ノベル系 /ADV /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2011」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/603-1b5ca2e8
| ホームへ戻る |