GAOGAO! 1st. ラジカルシークエンス

GAOGAO! 1st. ラジカルシークエンス

『ラジカルシークエンス GAOGAO! 1st』は1994年にPC98用として、
フォアナインから発売されました。

人間じゃない女の子、具体的にはケモノ娘をコンセプトにした、
GAOGAOシリーズの1作目になります。

radicals02.jpg

<概要>


ゲームジャンル:コマンド選択式ADV

舞台は現代。
耳と尻尾をつけた捨て猫娘を主人公が拾ってきたところから、
物語は始まります。
前半はコメディ路線で最後はシリアスになっていくので、
今のノベル系にわりとあるパターンですかね。

<感想>


ケモノ娘が好きなら値段分は楽しめるようにも思いますが、
そうでないならハッキリ言ってこれ単体ではあんまり面白くないです。
凡作と言われても仕方ない出来でしょう。

システムはコマンド選択式のADVなのですが、かなりだるいです。
ホントこれだけだったら、あえて取り上げる必要はないんですよね。

しかし、シリーズは最終的に4作目まで続きます。
次第に面白くなっていき、最後は98時代でも屈指の傑作となっています。
まぁ、3作目からのプレイでも何とかついていけますし、
大丈夫と言えば大丈夫なのかもしれませんが、
シリーズを心底楽しむためには、
やっぱり初代からやっておいた方が良いんですよね。

例えばラノベで『十二国記』がありますが、
あれの1巻って凄くだるいですよね。
そこで挫折しかけたり後悔しかけた人も結構いるかと思います。
でもそれを我慢して読みすすめると、以後はどんどん面白くなる。
そして全巻読み終えた頃には、ラノベでも屈指の名作と思うようになる。
人気のあるシリーズだけに読んだ人も多いと思いますが、
中にはそういう人も結構いるかと思います。

本作も同じような感じなんですよね。
このゲーム自体はイマイチなのだけど、
ここで使われた設定が後々にまで響いてくるわけで、
我慢してプレイしててもきっと最後には満足できるはずです。

<総合>


とは言うもののやっぱりこれ単体ではそれ程面白いものでもなく、
高く評価できるわけでもないんですけどね。
一応シリーズの壮大な物語の幕開けとしての価値を評価し、
佳作と判断しておきたいと思います。

くれぐれも、これだけでやめないで欲しいですね。
本作は『シルバージーン』という名前でWIN用に移植されています。
しかし結局win用に移植されたのが本作だけなので、
2作目以降はプレイが困難だったりします。
でも、もし何かの縁があって本作に手を出すことができたならば、
ぜひとも最後の『カナン』までたどり着いて欲しいものです。

ランク:C(佳作)

PC-9801 3.5インチソフト GAOGAO!1ST ラジカルシークエンス

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/597-2d68977b
| ホームへ戻る |