放課後恋愛クラブ

放課後恋愛クラブ

『放課後恋愛クラブ』は1996年にWIN用として、
LIBIDO(リビドー)から発売されました。

リビドーの方針転換に、発売当時は驚かされたものでした。

放課後恋愛クラブ

<概要>


ゲームジャンル:ノベル系ADV

内容は、ある意味タイトル通りでして。
高校生の主人公らが、放課後に近くの喫茶店で、
恋愛を目的とした会話のクラブを行うというものになります。
簡単に言ってしまうならば、合コンの高校生版のような感じでしょうか。

<感想>


恋愛クラブという細かい設定的にはちょっと変わっているかもしれませんが、
大枠としては普通の恋愛ADVとなるのでしょう。

内容的にも特に秀でているところもなく、
当時の感覚から言っても凡作程度の内容でしょう。

当時ですらそうですからね。
とてもじゃないけれど、今やって楽しめるとは思えません。

<グラフィック>


でも、このゲーム、売れたんですよね。
もちろん、私も購入した1人ですし。
その理由は単純で、完全にグラフィック目的ですね。

96年はまだPC-98のゲームも多かったわけで、
そういうのに慣れていると、
本作のグラフィックは圧倒的に綺麗で可愛く、
非常に目立ったのですよ。

内容はどうであれ発売された以上買ってみたくなる、
いや買わざるを得ないって感じのゲームでした。

それとね、それまでのリビドーは、
『リビドー7』とかエロくて過激な作品が多かったですからね。
『放課後恋愛クラブ』なんて表向きは温いことを言ってるけれど、
あのリビドーが作るのだから、
きっと何かあるに違いないっていうかすかな期待もあったわけです。

結局は額面通りの内容で、見事にエロ方面は薄かったんですけどね。
別に騙したわけではないので正面から叩くことは出来ないのですが、
正直なところ、リビドーめ、何をとち狂ったかと思ったものです。
リビドーから変態を取ったら何も残らないでしょうに・・・

まぁ、そっち方面の期待は『放課後マニア倶楽部』で満たしてくれたので、
合わせ技でOKと言えるのでしょうけど。

<ゲームデザイン>


システム面で面白いのは、今の平均的なノベルゲームと異なり、
マルチウィンドウ方式になっていることでしょうか。

ウィンドウが複数出てくるゲームはSLGとかに多いし、
ADVでもWIN95が登場したばかりの時期には他にもあったかもしれませんが、
最近のADVでは、ほとんど見かけないですね。

ウィンドウが複数出てくる方式は、
家庭用ゲーム機では鬱陶しいだけだと思いますが、
PCゲーでは有用な手段だと思います。
これを有効に活用できればPCならではのゲームも作れるし、
今後のアダルトゲームに活路を見出せるのではないかと思うのですが・・・
パッと思いつくのは『臭作』くらいしかないですかね。

<総合>


とりあえず、本作はマニア倶楽部を心底楽しむためには必須と言えます。
しかしあくまでもマニア倶楽部ための前座にすぎず、
とても単体ではやる価値があるとは思えません。

もっとも、単体では面白いとは言い切れないとしても、
様々な面で新しい方向性に挑もうとした姿勢には好感が持てたし、
そういう所は今の各メーカーも見習って欲しいなとは思うわけでして。
これはこれで96年を象徴する作品の中の1本なのかもしれませんね。
個人的には内容はアレでしたが、
CGとキャラデザが抜群だったということで佳作と判断しておきます。

ランク:C(佳作)

放課後恋愛クラブ 放課後マニア倶楽部

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/595-1dc3da46
| ホームへ戻る |