SEVEN-BRIDGE

SEVEN-BRIDGE

『SEVEN-BRIDGE(セブンブリッジ)』は2005年にWIN用として、
Liar Softから発売されました。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

SEVEN-BRIDGE

これは原画&シナリオが『腐り姫』と同じコンビということで、
発売前から期待していた作品でした。

めておさんの作品は『腐り姫』にかなりはまったのですが、
『Forest』はちょっとパロディーっぽいし、
あの演出方法はPCゲーで既に他がやってるので特にインパクトもないしで、
個人的には番外編みたいな扱いでした。
そういうわけでこの作品こそが正当な後継作だと思い、
期待したわけですね。

本作は近世風のファンタジー作品であり、
相変わらずその世界観と、
そこから醸し出される雰囲気は抜群だったように思います。
雰囲気に酔える人ならば、結構楽しめちゃうでしょう。

こういう雰囲気の作品を作れる人は稀有なだけに、
本当なら諸手を挙げて褒めたいところなのですが、
『腐り姫』よりキャラが弱いというか、
展開全体が若干メリハリに欠けていたように思いました。

まぁそれでも『腐り姫』は最後がこけた感じでしたので、
本作が最後まできちっと纏めていれば、
同程度か或いはそれ以上の名作と判断することは出来たんですけどね。

いや、こっち方面まで前作以上とは思いませんでした…
何と言いますか、終盤が未完成なんですよね。
未完成といっても途中で終わったというのではなく、
ダイジェストで展開って感じでした。

製作時間が足りなかったのかもしれませんが、
だったら延期してしっかり作ってから発売して欲しかったですね。
作りこめば名作になりうるほど素材は良かっただけに、
非常に勿体無かったと思います。

最後まで見事と言える作品がない上に絶対数も少ないので未知数なのですが、
あの世界観を作れる人材は惜しいですからね。
できれば1本で良いから、
めておさんにはしっかり作りこんだ作品を作ってもらいたいものです。

ランク:C-(佳作)

ダウンロード版
SEVEN-BRIDGE

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2005」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/590-a6b65138
| ホームへ戻る |