きゃんきゃんバニー

きゃんきゃんバニー

『きゃんきゃんバニー』は1989年にPC88用として、
カクテルソフトから発売されました。

カクテルソフトの看板シリーズの、
記念すべき第1作目がこのゲームでした。

canbani01.jpg

<概要>


本作は、厳密には製作がカクテルソフトで、
販売がフェアリーテールなんでしたっけ。

F&Cは主にPC98時代はアイデスという社名で、
それ以前の主にPC88時代はキララという社名でした。
そのキララもジャストから独立した会社であり、
キララとジャストが協力して作ったから「カクテル」ソフトだったような。
まぁ私自身はブランドや会社の変遷にあまり興味がないので、
詳しくは覚えていないのですが、とりあえず複雑なんですよね。

さて、本作のゲームジャンルはコマンド選択式のADVで、
内容的にはナンパものになります。
ナンパ系のゲームが多かったことも80年代の特徴の1つであり、
当時のジャンル的には比較的オーソドックスな部類と言えるでしょうね。

ところで、PC-98、特にプルミエール以降から入った人には、
おそらくきゃんバニー=スワティのイメージが強いと思われます。
今では私もそうなんですけどね。
しかしこの当時はまだスワティではなく、
オペレーターは上に表示されている、亜理子が務めていました。

<感想>


このブランドの作品はどれもそうなのですが、
当時としてはキャラが抜群に可愛かったです。
一番のお気に入りは、15歳の中原唯ちゃんでしたね。

canbani02.jpg

ただ・・・どうなんでしょう?
世間での評判は良かったんでしょうけどね。
結局昔も今もあまり変わらないもので、
可愛い女の子が出てくるゲームはヒットしますから。
今も絵だけゲーだって言われつつもかなり売れているゲームが多いですが、
当時なら『ポッキー』とかこれなんかが該当するのかなと思うわけでして。

まぁ当時「よくあった」ナンパものという表現は、
私にはマイナスに作用しかねませんが、
視点を変えれば主流の人気ジャンルでもありますしね、
多くの人に支持されやすい内容ではあったわけです。
それでも中身が伴わなければ支持されないわけですが、
本作はパラメーターも用いつつ、
ナンパ部分にも結構ゲーム性を感じられましたし、
ミニゲームのような遊び心もありましたので、
減点法で言えば高得点になりやすい作品と言えるでしょう。
うん、こうしてみれば人気が出るのも納得できるというものです。

<総合>


私も十分に面白いとは思ったのですが、
この年のアイデス系は晴れのち~とか、
他にも面白いゲームがありましたしね。

それと本作は基本的に従来から存在する、
人気路線の完成度を高めた系統なわけですが、
この年は新しい方向性を模索したと思われる、
独自性の高いゲームも多かったわけでして。
独自性と完成度のどちらを選ぶかは人それぞれなのでしょうが、
私は普段から独自性を大事にすることと、
資力や技術に乏しいアダルトゲームこそ独自性が大事だろと思いますので、
本作に対しては名作に限りなく近い良作としておきます。

もちろん何を重視するかは人それぞれですので、
もし完成度を重視するのならば、
本作も名作と言われても何ら不思議でない作品ではありましたね。

ランク:B(良作)

PC-8801SRソフト きゃんきゃんバニー

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1989」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

中原唯、当時も一番人気だったような気がします。
妹系教え子・勝気なバイク蒸娘・バブル期の女子大生・母性溢れる家事手伝い・お姉さまOLとバリエーション豊かな個性がパラメーター変動のナンパゲーの攻略中に生かされていたのが印象に残りいまだ高評価されているのかもしれませんね。
ミニゲームを通じて販売員のお姉さんが攻略できたりと遊び心も有りお得感も有ったからかもしれません。
このきゃんバニ1作目だけは後にリメイクがありましたね。
登場キャラクターは18歳以上規制が課せられたこともあり登場キャラクターの絵柄が変更になり全体的にはリメイク前のものを忠実に再現していたものの『同級生』コンシューマ版のような恋愛要素追加要素として取り入れられなかった為かあまりユーザー間では盛り上がらず攻略ゲームとして楽しめた部分がこの時点で対話型ゲームとして在り来たりになっていたのかもしれません。
新作として出されたシリーズ6作目ではメールで呼び出されてデートといった『バーチャコール』とはまた異なった呼び出され対話型攻略のゲーム性が取り入れられ後発の他社の恋愛ゲームでも利用されるようにもなりましたがやはり個別の恋愛における過程がADVとしてうまく盛り上げられずシリーズ作として最後の作品になってしまいましたが。
シリーズを通してみると作品を重ねるごとに攻略要素のゲーム部分に独自のシステムを取り入れていった反面ナンパゲーから恋愛ゲーに移るアダルトゲームの流れの中でシナリオ方面での充実と主人公の立ち位置自体が相応しくなくなっていったのかなと。

リメイク版はPRIMOでしたっけか。
時代的にノベルゲーや恋愛が求められる時代になっていましたから、ナンパゲーで対話中心というのはあまりうけなかったのでしょうね。
それと『きゃんきゃんバニー』という名前すら知らない人も出始めた頃でしょうし。
私自身も興味が薄れ始め、6はプレイしていません。メールを用いてって部分は雑誌読んで興味はあったはずなのですが、タイミングもあったのかな…
今更ですが、6をやってシリーズコンプを狙うのも良いかもしれませんね。
今改めて歴史を振り返っていますが、89年の時点でもはやナンパゲーは多数とは言えなくなっているように思うわけで。従来からのナンパゲーのファン層と可愛い絵を望む層が合わさってヒットかもしれませんが、91年のスピリッツくらいになると、かなり違和感を感じてしまいます。だからこそのプルミエールでの路線変更なんでしょうけどね。
でも私はスワティ大好き人間でプルミエールも大好きなのですが、プルミエールになってゲーム性がなくなって駄目になったって言われた方も見たことがあるので、いつの時代も流行に合わせ新規層を取り込みにいくのか、それとも時代遅れでも古くからのファンを満足させようとするのか、どっちを選ぶべきかは難しいところなのでしょうね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/588-109b6f01
| ホームへ戻る |