行殺☆新選組

行殺☆新選組

『行殺☆新選組』は2000年にWIN用として、
Liar Softから発売されました。

ライアーソフトの2作目であり、出世作となった作品でした。
ジャンル:ノベル系ADV

行殺☆新選組

ジャンルは一応ノベル系のADVと言えるでしょうか。
それにマップからの移動方式を取り入れた感じですね。
いろいろパラメーターもあるのですが、
ゲーム進行にはあまり意味がなかったような…
どちらかというと、演出的側面が強かったですね。

これがライアーのデビュー作かとすっかり勘違いしていたのですが、
調べてみたら違ったんですね。
ただ、デビュー作はほとんど話題にならなかったわけで、
この作品が話題になったことで一気に有名になったのは確かでしょう。
つまり出世作ということですね。

そのライアーの名を一躍世に知らしめた理由は、
本作がとにかく笑えるから。
新撰組をパロディにした不条理な世界観とギャグ、
頭のねじが1本抜け落ちたようなキャラたちにより、
何とも不思議な雰囲気を漂わせていました。

まぁ、ギャグオンリーではなく意外とまともな面もあるわけですが、
皆でクイズやったり薀蓄があったり、メンバー皆でぞろぞろ移動して、
わいわいがやがやと賑やかな雰囲気を楽しむって感じのゲームでした。
うん、いろいろ混ざっていて細かく説明しだすと長くなるけれど、
端的に言えば「楽しい」ゲームだったのです。

ただ、その客観的に楽しい作品を主観的にも楽しめるか否かは、
結局ギャグや雰囲気を楽しめるかにかかっているでしょう。
肌に合えば名作と感じられるのでしょうが、
個人的にはそこまでは楽しめませんでした。

とは言え、独特の何かは持っているなとは思ったわけで、
この作品自体は佳作程度だけど次の作品もプレイしてみたい、
そう思わせてくれたのも確かなわけです。
以後、何だかんだでライアーのゲームもやっているわけで、
きっかけという意味では印象深い作品でしたね。

総合では内容面だけ見れば良作でも構わないのでしょうが、
初期のライアーは初回特典がバグと言われるくらい、
バグが満載のブランドでした。
それもあり、一応は佳作にとどめておきます。

まぁこれを叩くのは簡単でしょうし、
私もそれほど肌に合った作品ではありません。
しかし無名なブランドでしかもバグだらけの作品が、
一定の評価を得て次の作品につながっていったのも紛れもない事実です。

それだけツボにはまった場合の破壊力はあった作品で、
ライアーの原点ともなった作品ですからね。
最近のライアーファンで本作を未経験な人がいれば、
ぜひともやってもらいたいものですね。
これをやらずにライアーは語るなと言っても過言でない、
そういう作品なのだと思います。

ランク:C(佳作)

ダウンロード版
行殺☆新選組

関連するタグ WIN /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2000」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/587-c471188c
| ホームへ戻る |