星の砂物語2

星の砂物語2

『星の砂物語2』は1992年にPC98用として、
D.O.から発売されました。

軽快なテンポで進むD.O.の推理ADV、
星の砂物語シリーズの第2弾です。

hosinosuna01.jpg

<概要>


ゲームジャンル:コマンド選択式ADV

この年はわりとミステリー系が豊富だったように思うのですが、
本作はその中の一本と言えるでしょうね。

シリーズ第2弾である本作では、
夏の海から冬のスキー場へと舞台を移動。
そこで、主人公のゲンゴロウはまた、
殺人事件に巻き込まれることになります。

主要キャラは前作と同じなので、
前作を知ってるとキャラにより愛着を感じられるでしょう。
もっともプレイしていなくても、
ストーリー的には特に支障はなかったと思います。

<感想>


92年はわりと推理物・サスペンス物が豊富だった年であり、
主な代表作としては『DE・JA2』『狂った果実』『殺しのドレス3』
なんかが挙げられるでしょうか。

プレイの優先順位としては上記の作品の方が上なのでしょうが、
本作もそれに次ぐ位置にはあったかと思います。
一般的には、わりと名作として名高い作品でしたからね。

もっとも、個人的に上記の名作たちより劣ると判断した理由は、
ゲームの中枢を担うストーリーが劣ると感じたからです。
本作は無難に纏まってはいますが、
名作といえるほどの個性はなかったと思いますので。

じゃあ、プレイする必要もないかというとそうでもないわけで、
上記の作品にはない魅力もありました。

まずゲーム部分についてですが、本作はコマンド選択式のADVです。
ただ、マルチエンドとなっていまして、
若干のゲーム性の上昇もありますし、
その点で上記の名作にはない楽しみ方が出来るのです。

そして、それ以上にグラフィックの影響が大きいといえるかと思います。
一般作の『殺しのドレス3』は論外としても、
『DE・JA2』も『狂った果実』もエロくはありません。
アダルトゲームなんだから、
ストーリーも大事だけどエロさが伴わなければって人も、
当然いることだろうと思います。
その点、本作のムチムチしたキャラは、
十分に及第点以上だったのではないでしょうか。
まぁ絵柄的に当時でも人を選びましたので、
今だと更に好き嫌いが分かれてしまうかもしれませんけどね。

<総合>


分岐要素もエロもありつつシナリオもそれなりに楽しめるということで、
他とは被らない独自のポジションをキープ出来た作品だと思います。
なので、十分にプレイ価値のある作品だと言えるでしょう。

尚、本作はD.O.の作品ということで、
隠しコマンドの入力によりモザイクを外すことが出来ましたが…
まぁ、外さない方が無難でしょう。
一歩間違えればグロというか、
初めて裏ビデオを見たときの衝撃というか…
つまりは、世の中には知らない方が良いこともあるってことなのですよ。

ランク:B-(良作)

PC-9801 3.5インチソフト 星の砂物語2

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

1と2はやったはずだけど事件そのものを忘れている。
確かに複雑で緻密な事件性はなかった気はするけど、話の雰囲気には合っていたような。
このシリーズは是非もう一度通してプレイしたい…
星の砂物語1&2はWin版もあるはずなんだ。(3.1でも
うまくすれば動くかもしれない。
星の砂物語3はやったこともないし。
DOコマンドあったなぁ…

まぁ凄いストーリーっていうのではないけれど、この作品らしさという独自の雰囲気はしっかりと作られていた作品なので、誰がやっても良作って感じられるタイプの作品のように思いますね。
WIN版も確かにありましたね。
DOはwindowsの出始めの頃に移植版を結構出していたものの、私はほとんどスルーしてしまっていました。
声優が豪華なのが多いですし、今になってあれも欲しい、これも欲しいって感じです。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/586-e7dddffe
| ホームへ戻る |