ADAM ~THE DOUBLE FACTOR~

ADAM ~THE DOUBLE FACTOR~

『ADAM ~THE DOUBLE FACTOR~』は1999年にWIN用として、
シーズウェアから発売されました。

いわゆるEVEシリーズの第3弾にあたります。

ゲームジャンル:P&C式ADV

ADAM THE DOUBLE FACTOR

一応続編とはなっているものの、
前作同様に初代の制作者である菅野さんは、
本作にはかかわっていません。

EVEシリーズといえばザッピングとマルチサイトなわけですが、
その特徴は本作にも受け継がれています。
もっとも、前2作はコマンド選択式のADVだったのですが、
本作ではポイント&クリック(P&C)式のADVになりました。
つまりは、画面をクリックしていくタイプのゲームですね。

制作者が初代と異なることで問題もいろいろあるわけですが、
ザッピングとマルチサイトに関しては、
前作のロストワンよりもわりとこなれてきたように思います。
しかしながら初の試みでもあるP&C式のシステムに関しては、
まだまだ改善の余地が多かったように思います。
まぁ、このシステムを日本で使いこなせる人はほとんどいないので、
海外の名作ADVと比べるのは酷なのかもしれませんけどね。

さて、前作は初代との比較でいろいろと叩かれたりもしましたが、
新キャラも含めた主要キャラはたっていましたし、
サターンの機能を活かした演出面も良好でした。
なので他の人はともかく、個人的にはそれなりには楽しめたんですよね。

それを受けての本作なわけですが、
前作のEDの続きとしてこれはどうなのかとも思いますが、
それに加えて未完で終わります。
従って、ストーリーはほとんど楽しめませんでした。
キャラもあまり惹かれませんでしたし、
グラフィック面も普通って感じになっちゃったんですよね。
つまりすっかり平凡な作品になってしまったわけで、
EVEの続編でなければ購入していなかったでしょう。
製作者が異なる時点で分かりきったことかもしれませんが、
小次郎やまりなや氷室が大好きだっただけに、
どうしても未練があったわけです。
だから本作までずるずるプレイしていたんですよね。
でも、それもこの作品までの話です。
もう名前だけ受け継いだ別物。
公式の同人ゲームみたいなものだと思うことで、
以後の作品をプレイする気がおきなくなりました。
まぁ後にいろいろあってまたやった作品もあるのですが、
とりあえずこの作品によって一度未練を断ち切ったという感じでしょうね。

ランク:D(凡作)

ADAM THE DOUBLE FACTOR

関連するタグ WIN /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/585-43b9a068
| ホームへ戻る |