火焔聖母 ~The Virgin Megiddo~

火焔聖母 ~The Virgin Megiddo~

『火焔聖母 ~The Virgin Megiddo~』は2001年にDC用として、
広美から発売されました。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV

火焔聖母

制作はスタジオラインで、原画に横田守さん、
シナリオに藤木隻さんと、『ELYSION』に近いメンバーによる作品でした。

簡単なストーリーの説明から入りますと、
舞台は架空のハイテク都市であり、
主人公はそこにある高校に転入してきたところ、
人体発火事件に遭遇してしまいます。
基本的には事件の解決を目的とする、推理モノの範疇に入るでしょうね。

今も昔もADVには土台作りの弱い作品が多いのですが、
ここは藤木隻さんの持ち味が発揮された感じで、
ハイテク都市の設定作りはきちんとなされていますし、
専門用語の説明とかも細かくありますので、
そういう部分にこだわる人は安心して楽しめると思います。
基礎となる土台作りという面では、しっかりした作品でしたね。

でも、問題はその上に展開されるストーリーなわけでして。
舞台は上記のようにハイテク都市なのですが、
そこに超常現象とかオカルトが絡んでくるわけで、
とある某ラノベより先んじて展開されたこの組み合わせ自体は、
わりと良かったように思います。
しかしそれなりには纏まっているのですが、
どうも惹きつけるものがないというか、
面白く感じられないわけでして。
まぁ、ここは私の感性の問題かもしれませんけどね。
ELYSIONのときもバックボーンと細かい用語説明は良いと思いましたが、
肝心の本筋はあまり楽しめませんでしたから。
かつて黒の剣を作ったライターだけに期待もしているわけですが、
ライターへの信頼は次第に失われていった感じですね。

それでも一応は及第点であり、他が良ければ問題はなかったのでしょう。
何せ一番の目玉は横田さんの絵なんですから。
ただ、これも正直イマイチだったのかなと。
DCというハードで、しかも目パチ口パクもあり綺麗なはずなんですけどね、
原画の持つ魅力が全盛時ほどではなくなった感じでした。
それと、テキストやストーリーとの組み合わせも関連するのですが、
驚くくらいにキャラに魅力を感じられなかったわけでして。
これまでの横田作品では魅力的なキャラが多かっただけに、
ちょっと残念でしたね。
もっとも、ここも長所になるかと思ったらそうでなかったというだけで、
及第点ではあったと思います。

もっと問題だったのはシステムですね。
基本はコマンド選択式のADVになります。
会社が違ったりするので本来は比べること自体おかしいのですが、
どうも『遺作』『慟哭』ラインの延長で考えてしまうわけで、
それと比べると非常に簡素化されてゲーム性が失われてしまいました。
比較しないで考えても、基本は普通のコマンド選択式でしかないですからね、
平凡としか言いようがないでしょう。
一応、ところどころで3Dモードになり、
FPSのような視点でキャラを直接動かせる場面もあります。
しかしそこに用意された謎解きはとってつけたようなものでしたし、
何よりこのモードが非常に面倒だったです。
まだ潜入する場面で使うのならまだしも、
学校内とかでは手抜きの時間稼ぎにしか思えなかったわけで、
ストレスも溜まりますしADV作りのセンスを疑いたくなります。

総合では凡作ってところでしょうか。
ストーリーや絵だけなら佳作でも良いと思うんですけどね。
システムのマイナス分で1ランク下がる結果となりました。
恋愛ゲーと一線を画するADVということで応援したくはあったのですが、
この作品に限ってはちょっと残念な出来でした。

ランク:E(凡作)

火焔聖母

関連するタグ ドリームキャスト /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2001」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/584-099f93af
| ホームへ戻る |