Tower

Tower

『Tower』は1994年にMacintosh用として、
OPeNBooKから発売されました。

非常に珍しい、ビル経営SLGでした。

ゲームジャンル:経営SLG

Tower

プレイヤーはビルの経営者なわけで、
ビルを作ってその中にテナント等を募り、
ビルの拡大を目指していくゲームでした。

まぁ、経営SLGってことで地味ではあるし、
人を選ぶことは間違いないでしょうけどね。

ビルの経営なんて発想がとても斬新でしたし、
その個性は今も尚失われていないかと思います。
ゲームとしても非常に練られていましたし、
経営SLGとしてはジャンルを代表する作品と言えるのではないでしょうか。
っていうか、こういうのが好きなら絶対やって損はないゲームです。

初代の発売はMACからでしたが、
その後WIN、PS、SS、3DOと各機種で発売されています。
後継版とか派生版っぽいのもその後出ていて、
今では携帯機種でも遊べるんですよね。
1つ1つはちょっとした違いもあるのでしょうが、
基本的な面白さは一緒だと思うので、
手に入りやすい機種でプレイすれば構わないですかね。

こういうのは細かい説明を長々と書くよりも、
リプレイの方が面白さが伝わるんですよね。
今なら実況動画とかもありますから、
プレイ動画でも見て興味を持てたら買いってところでしょうか。

ランク:A(名作)

Tower

関連するタグ SLG /MAC /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

開発はopenbookですが、米国のmaxis社が版権を買いました。それから、米国でこのゲーム名前は「simtower」がなりました。韓国でも、同じ名前で発売しました。
現在は、maxis社はEAによって、併合されました。。その原因で、EAからのmaxis名義のゲームが2012年にはありません。自然にこのゲームも元来の名前を戻しました。

このゲームは各国で発売されましたし、プレイした人の評判も概ね良いように思います。
後継作も多いですし、優れたシリーズのはずなのですが、発売元に関しては作品間でバラバラだったりする不思議な作品でしたね。
日本国内だけでもややこしいのでopenbookとだけ書いたのですが、こういうケースの作品はどう書くべきか、いつもちょっと悩んでしまいますね。

こんにちは!
最近旧Mac用のソフトを思い出すのが楽しくて
このタワーもめっちゃ当時やりましたよ
もともと経営系SLGが好きなんで、これドンピシャでしたし
いまは自分の奥様もこのころMac買いまして
一緒にこのタワーやってたの思い出します。
ただ(笑)
このころ自分はQuadra840AVだったので
超スムーズにゲームが動くんですが
彼女はLC520(CPU:68LC030/25Mhz)
だったので動きがカクカク(よるモードでも時計表示がカクカク)
なぜかそれに怒って自分に八つ当たりされたことを思い出します(笑)
ゲーム内容と違う話ですみません...

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは~
タワーって、一般的な知名度はそんな高いとも言えないのかもしれませんが、MACユーザーは皆知っているようなイメージがあったり。
> ゲーム内容と違う話ですみません...
いや、機種の違いによる話ってのは人それぞれなので、どれも新鮮だし面白いですから好きです。
私なんかファーランドサーガってSRPGでバグって敵が見えなくなったりして、見えない敵との戦いという苦行をやったものですが、今となっては良い思い出です。
まぁ、今ならキレてやめちゃうかもしれませんがw

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/583-9e6ac4a9
| ホームへ戻る |