リベログランデ

リベログランデ

『リベログランデ』は1998年にPS用として、
ナムコから発売されました。

元は97年にアーケードで出ていまして、
本作はそれのゲーム機への移植作品になりますね。

リベログランデ2

アクション系は年々プレイする機会が減っていっているわけですが、
それでも明確なコンセプトがあり、
それに興味が持てたら購入するわけでして。
スポーツゲームなんてのは、当然スポーツを疑似体験するわけですが、
どうにも違和感があったのがサッカーでした。
サッカーは11人ということで、大概のゲームでは11人全員を扱います。
現実では自分1人ですからね、
実際にプレイするのと感覚は大分違ってきます。
かねてから現実に即した1人に絞ったプレイに興味を持っていたので、
本作の移植は嬉しかったですね。

そういうわけですので、本作ではプレイヤーは選んだ1人でのプレイになり、
他のキャラは全てCOMが扱うことになります。

こういうのは上手くなれば無双プレイもできるのでしょうが、
自分の中で縛りをかけた方が断然面白いでしょうね。

FWならひたすら待ち続けて、
1チャンスを活かすことに全てを賭けるのも良いでしょう。
待った時間が長ければ長いほど、
少ないチャンスを活かした時の快感は大きいのです。

MFなら最高のスルーパスで味方にゴールを決めさせる。
これは自らゴールを決めるより嬉しかったですね。
中盤でゲームを支配しつつ最後は委ねるってのは、
このゲームで最高の快感でした。

ときにはDFでひたすら守るのもありでしょうし、
ポジションによっていろんな楽しみ方が出来ました。

ナムコが作るだけあってグラフィックも良いし、
細かい部分まで非常に良く出来ていて、快適にプレイ出来ました。

かように良い所も多かったのですが、
チームによっては味方が役立たずなんですね。
DFが不甲斐ないから自分で守る、
MFが決定機を作れないから自分でゲームを組み立てる、
FWが阿呆なサイドチェンジでシュートを打たないから結局自分で打つ、
外れたら敵のカウンターを食い止めるべく最終ラインまで自分が戻る。
当初の役割をこなすなんてコンセプトはもはや微塵もなく、
結局全てをやるはめになることも多々ありましたね。

まさにフィールド内を縦横無尽って感じでした。
これはコンセプト的にどうなのかなとは思いましたが…、
考えてみればタイトルは「リベロ」グランデ。
やってることはまんまリベロだと思えば、
タイトル通りの内容だったってことになりますかね。

まぁ、だからこそ、上記のような縛りプレイを完遂できたときは、
余計にも嬉しさが込み上げてくるのでしょう。

若干変な点もありますが、
他とは完全に異なったサッカーゲームですからね。
コンセプトに興味を持った人ならば、
十分に満足できる作品だったのではないでしょうか。
アクションゲームなので評価は保留にしますが、
名作と言って何ら違和感のないゲームだったと思いますね。

リベログランデ2

関連するタグ PS /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「アクション系」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/58-c7b835c1
| ホームへ戻る |