雪割りの花

雪割りの花

『雪割りの花』は1998年にPS用として、
SCEから発売されました。

やるドラシリーズの第4弾で、PSのこのシリーズでは最後になります。

ゲームジャンル:FMV系ADV(インタラクティブムービー)

雪割りの花

やるドラシリーズはそれぞれ何かしらの季節がイメージされていますが、
最後である本作は冬となっていますね。

さて、ADVに何を求めるかは人それぞれなのでしょうが、
たぶん一番多くの人はストーリーではないでしょうか。
そして、やるドラシリーズで最もストーリーが優れた作品はと聞かれたら、
おそらくこのゲームになるように思います。

このシリーズは全て記憶障害を扱っていて、
その点は雪割りの花も同じです。
主人公はアパートの隣人に想いを寄せているのですが、
その隣家の女性は既に彼氏持ち。
ところがある日、彼女が病院に運ばれ、
彼氏が死亡したという記憶が封じられてしまいます。
そこで主人公が彼氏の代わりを演じることになるのですが…
というのが大まかなあらすじになるでしょうか。
終始重苦しい雰囲気なのもシリーズでは異色でしたし、
そういう重い恋愛物がゲーム機では珍しかったことも相俟って、
好きな人は好きな作品に仕上がったとも思います。

ただ、どうしても幾つかの点が気になってしまいました。
まずはゲーム部分ですね。
本作はフルボイスフルアニメーションに特徴があるものの、
基本的には選択肢で分岐するノベル系のADVと同じ構造を採っています。
ダブルキャストなどは選択により展開が結構変わったと思うし、
「やる」ドラマというコンセプトが活きていたように思います。
しかし本作はメインのストーリーとその他のBADという感じで、
展開の幅が減ってしまいました。
これでは単純にゲームとしての幅も狭くなってしまいますし、
「やる」ドラマというコンセプトからは外れてしまい、
普通のノベル系のADVと変わらなくなってしまいます。
なのでゲーム性やコンセプトという観点からは、
疑問が残ってしまうのです。

次に、グラフィック面ですね。
まぁ、一般にはこれが売れなかった最大の理由なのでしょう。
明らかに地味で、見栄えがしません。
これまでの可愛い系路線が好きな人は、これでは引いてしまいます。
もちろん、それは好みの問題でしかないとも言えるでしょう。
しかし根本的に、こういう動きの少ない物語を、
フルボイスフルアニメーションでやる必要があったのかとも思います。
フルボイスフルアニメーションに関心がある層もいるわけで、
そうした層を満足させる類の内容とは思えなかったのですよ。
80年代に演出重視のADVが流行りだすにつれ、
SF系の作品が増えました。
絵と音を強調しやすいからという理由も当然あったはずで、
SF系が増えたのも必然だったと思うのです。
良い作品は伝えたいものと強調する手段がマッチしているもので、
本作はその点で手段選択を誤ったように感じました。

それと、手段選択の誤りということでもう1点ですね。
フルボイスフルアニメのADVは、どうしてもボリュームが少なめです。
本作のような重めの恋愛系ならば、
ノベルゲームでどっしりと書ききった方が良い作品になったと思います。
本作の構造ではボリュームが足りないために、
ストーリーが物足りなく感じてしまうのです。

全体としては、帯に短し襷に長しといったゲームでしたね。
フルボイスフルアニメの特質を活かしたわけでもなく、
重い恋愛物の魅力を描ききったわけでもなく、
どうしても中途半端な感じが否めませんでした。
見所もありましたし、一応は元は取れたと思うのですが、
化ける可能性もあっただけにもやもやした気になった作品でしたね。

ランク:C-(佳作)

雪割りの花

関連するタグ PS /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1998」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/577-09177880
| ホームへ戻る |