PINK GEAR (ピンク ギア)

PINK GEAR (ピンク ギア)

『PINK GEAR(ピンク ギア)』は1997年に、
WIN&MACのハイブリッドCDとして、東芝EMIから発売されました。

MYST系ADVというと海外からの輸入物ばっかりなのですが、
珍しく国産のゲームです。

ゲームジャンル:MYST系ADV
pinkgear01.jpg

<感想>


この頃は映像に比重を置いたソフトは一杯あったんでしょうけどね。
インタラクティブムービーと広い視点から考えれば、
国産のもそれなりにあったんでしょう。
でもほとんどがゲーム性に乏しいもので、
国産でMYST系ADVと呼べるほどのものはほとんどありませんでした。
またグラフィック面でも、独特の世界観を構築できたのとなると、
数えるほどしかないんですよね。

その点、独自の世界観の構築という面では、
ピンクギアは結構頑張っていたかと思います。
石丸雅己さんの描くCGは綺麗でひきこまれましたからね。
ただメルヘンチックな世界観は女性や子供には受けそうですが、
ダークなものを好む人には合わないおそれはあります。
まぁこの辺はどうしても好みが出るでしょうね。
好みという点では私の好みとも少しずれるのですが、
それ以上にこういうのが出たことを素直に喜びたいと思います。

pinkgear02.jpg

かように好みの問題を別にすれば、
CGの質や世界観自体は十分に長所と言えると思います。
ただ、同じ綺麗なCGでも見せ方もまた問題になります。
97年は360度パノラマ映像が可能になっており、
綺麗なCGでぐるりと見渡せるってのが先端のゲームでした。
しかし本作は切り替え式でしたので、
その点での物足りなさは否めません。
つまり長所ではあるものの、
それほど大きなポイントにまではならないって感じですね。

さて、MYST系のもう一つの柱は、何と言ってもゲーム部分にあります。
ピンクギアも、一応MYST系と呼べるほどの謎は用意されています。
こういうのは外人しか作れないのかと思ったくらいでしたので、
日本人でも作れるって証明した点は非常に意義があると思います。
その点だけでも十分に大きな一歩だとは思いますが、
優れた他のMYST系と比べると、
やっぱりちょっと単純で物足りないんですよね。

<総合>


総じて、国産と限定して考えれば非常に秀逸、
でも移植物と比べるとまだまだってところでしょうか。
中身そのものよりも、存在自体に意義がある。
個人的にはそう感じた作品でした。

ランク:C(佳作)



関連するタグ WIN /ADV /MYST系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/576-adf0afb7
| ホームへ戻る |