寝取られナース 人妻さやか 堕落淫乱調教編

寝取られナース 人妻さやか 堕落淫乱調教編

『寝取られナース 人妻さやか 堕落淫乱調教編』は、
2010年にWIN用の同人ゲームとして、STUDIO TRIUMPHから発売されました。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

寝取られナース

内容はタイトル通り寝取られものになりますね。

原画が武藤慶次さんで、シナリオがおくとぱすさん。
しかも内容は寝取られものということで、
結構好きな要素ばかりで構成された作品でした。

まずはグラフィックなのですが、
もともと武藤さんのキャラは大好きでしたからね。
今回もキャラデザは好みです。
しかも、同人ということもあってかモザイクが非常に小さいわけで、
それによってエロさは更にアップしています。

そういう意味では良かったのですが、
武藤さんでナースというと『淫内感染』シリーズがありますからね。
いまいちインパクトに欠けるというか、
質の高さほどの満足は得られなかったのかなと。

しかし、むしろ問題なのはストーリーの方でしょう。
寝取られ対象は主人公の妻なのですが、
和姦寝取られなんですね。
その時点で背徳感みたいなのがほとんどありません。

また、寝取られシーンは選択肢で妻の日常を見ることで発生します。
つまり、プレイヤーは妻の不倫現場を見せられるわけですが、
主人公はかなり後まで知らないわけです。
NTRに主人公とプレイヤーの一体感を求める人には、
本作はおそらく合わないでしょう。
私もその傾向が強い方だと思います。
主人公が見てることしかできないという状況が、
プレイヤーと重なり合うからこそ、感情移入もできやすいわけです。
こうも選択肢1つで、ハイこれから寝取られシーンですよってなると、
かえって興醒めしてしまいます。
もう少しストーリー全体との一体感を出して欲しかったです。

このライターはテキスト自体は良好ですし、
催眠のような得意分野では素晴らしい魅力を発揮します。
しかしNTRはあまり得意ではないのか、
今までにあったようなこだわりの姿勢が見受けられませんでした。

部分的には良いところもあるのですが、
ちょっと物足りないってことで、
総合では凡作と判断しておきます。
オススメとしては、武藤さんのCGだけが目当てであれば、
結構満足できるのではないでしょうか。
力のある人たちの作品だっただけに、
個人的にはちょっと残念でしたね。

ランク:D(凡作)

寝取られナース

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2010」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

この作品の真のネタは、寝取られた先があることだった…
まさか同一主人公が二度も三度も寝取られるとは…
三作目になると主人公の絵からしてやつれはてているし
こんな連続寝取られは初めて見たかも
一本の寝取られだと物足りないが、
三本だと壮大な寝取られ人生になった…

3作目が出たみたいですね。
ちょっとヒロインのキャラデザが好きでなかったので、まだプレイしてないですけど。
基本的に凡作が何本並んでも凡作でしかないのがほとんどですが、たまにいくつかのストーリーが組み合わさることで、全体としてとても魅力的に感じられるケースがあります。
このシリーズがまさにそれなんでしょうね。
シリーズ全体を通してみると、寝取られ続ける男の人生が見えてくるって感じで。
個々のエピソードというより、全体像に意味のある作品だけに、こういうゲームこそ全てのエピソードをセットにしてフルプライスで作りこんで欲しかったなと思いました。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/575-76ad4820
| ホームへ戻る |