緋色の姉妹

緋色の姉妹

『緋色の姉妹』は1995年にPC98用として、
ジャニスから発売されました。

いわゆる実用系ソフトの代表作として『愛姉妹』がありますが、
一部ではそれと並ぶくらい定番とされた作品が本作でした。

hiironosimai01.jpg

<概要>


ゲームジャンル:コマンド選択式ADV

ストーリーは、再婚した両親が新婚旅行に行ったため、
相手方の連れ子である3姉妹と主人公が、
1つ屋根の下で共に生活するというもので、
つまりはその3姉妹に手を出してしまうわけですね。
hiironosimai03.jpg

<感想>


さて、実用面という意味では高い評価を方々で得た本作ですが、
ゲームの出来は正直なところイマイチでした。

本作はコマンド選択で進行しつつ、
要所要所の選択肢で分岐するタイプなのですが、
そのコマンド選択式の部分の作りが悪かったんですね。
結果的にテンポは悪くなり、だるさの方が目立ってしまったわけで、
全体の出来としては『愛姉妹』に遠く及ばなかったかと思います。

どの属性のゲームでも似た類の2番手というのがあるもので、
それに対する反応も自然と分かれてきます。
1つは似てても良いからそういうのがやりたいんだって人と、
似た類なら1番良いので十分じゃね?って人ですね。
前者であれば『愛姉妹』に続くヌキゲーの1本として、
本作は買いだったのでしょう。
逆に後者であれば、『愛姉妹』買っとけば十分じゃんって作品でした。

まぁ、ヌキゲーと言っても細かな方向性は違うので、
単純には比較できないのも確かなんですけどね。
緋色の姉妹の場合はソフトSM系で、
3姉妹は皆Mなので主人公は犯して調教していくことになります。
このソフトSM系ってのがまた扱いが微妙であり、
どぎついのは嫌って人にはちょうど良かったのですが、
ハードなものが好きな人には物足らない仕様でもありました。

そういう点でもライト向けなわけですが、
手軽な抜きゲーってのもそれはそれで別のゲームがありますしね。
何とも帯に短し…ってやつで、それなりに満足できるものの、
どの方面でも何番手かの扱いになってしまうのです。
当時は深く意識していなかったのですが、
結局は作り手のポリシーとか方向性が見えないってことなんでしょうね。
キャラが可愛いので元は取れたのですが、
本質的には私が苦手とするタイプだったかもしれません。

<総合>


そういうわけで、総合ではギリギリ佳作ってところでしょうか。
否定的な見方も多く書きましたが、実用面で優秀なのは確かでしたし、
何より小○生に手を出せるというだけで、
一部で絶対に需要のある作品ではありましたね。

ランク:C-(佳作)

Win95 CDソフト 緋色の姉妹

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/574-f2a865c3
| ホームへ戻る |