for elise ~エリーゼのために~

for elise ~エリーゼのために~

『for elise ~エリーゼのために~』は1996年にWIN用として、
CRAFTWORKから発売されました。

さよならを教えての原点とも言える、狂気系の作品でした。

for elise

<概要>


ゲームジャンル:ノベル系ADV

長岡建蔵さんの絵に狂気モノということで、
2001年に発売された『さよならを教えて』と似た位置付け、
というかこっちが先なので原典たる作品でした。

主人公は普通のサラリーマンだったのですが、
夢の中で身近な女性たちに猟奇的なことを行い、
次第に現実と夢との区別がつかなくなっていき・・・
って感じのストーリーになります。

<感想>


分類としては主人公の狂気を描いた作品となるのでしょうが、
あまりそっち方面には期待しない方が良いかもしれませんね。
なんかやたらと短くてすぐに終わってしまったこともあり、
ストーリー的には消化不良に終わったとしか言えませんから。

グラフィックは、長岡建蔵さんの絵はとても良かったですね。
ダークな雰囲気が私好みだったといのもありますが、
時期的なものもありますね。
つまり、この頃はまだ98のゲームも多かっただけに、
長岡さんの絵をWIN用の綺麗な絵で見れたというのは、
更にインパクトが大きく感じられたのです。

ただ、一枚絵には文句はないのですが、
通常時は実写取り込みに立ち絵だったわけでして。
私は実写取り込みの絵があまり好きではないんですよね。
絵というのはキャラだけでなく全体から成り立つものですから。
それでもショボイ背景しか描けない人であれば、
別に実写取り込みでも構わないんですけどね。
長岡さんはディスプレイ全体を使って、
絵全体で表現できる人だと思っていますから、
どうにも手抜きに思えてしまうのですよ。
まぁ別にこれでマイナスになるわけでもないのですが、
全部長岡さんが描いていたら大幅なプラスになるところ、
一部だったので小幅なプラスに終わったってところですね。

他にはサウンドも良かったので、
絵の魅力とともに全体的な雰囲気は良かったと思います。

細かなシステム周りも弱かったし、
全体的な印象としては出来の良いCG集に、
ちょこっと話がついたって感じでしょうか。
一応元は取れたと思うものの、
一枚絵以外はいろいろと物足りない作品でした。

そういうわけで、個人的には佳作としておきますが、
さよ教がザク3なら、これは旧ザクみたいなもので、
あくまでもファン向けのゲームみたいなものなんでしょうね。

ランク:C(佳作)

for elise



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/573-7f0374ab
| ホームへ戻る |