久遠の絆 THE ORIGIN

久遠の絆 THE ORIGIN

『久遠の絆 THE ORIGIN』は2011年にWIN用として、
XUSEから発売されました。

久遠の絆のPC向けのリメイク版になります。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

久遠の絆 THE ORIGIN

ご存知の方も多いとは思いますが、
98年にPS用として『久遠の絆』が発売されまして、
個人的には最も高く評価したノベルゲーでもありました。
その『久遠の絆』がPCゲーの、
しかもアダルトゲームとなってリメイクされたわけですが、
そこに至る過程でいろいろとありまして、
かなりの変更を余儀なくされた作品でもありました。
私は普段リメイク作品の評価は全く書かないのですが、
位置付けは何であれ本作はオリジナルと別物と判断したことから、
今回は感想を書くことにしました。

さて、本作は一応はリメイク作品として位置付けられるのでしょうが、
オリジナルとはかなり異なってきます。
まずオリジナルが伝奇をベースとしつつも、
究極的には千年にも及ぶ恋愛物語であったわけです。
一方の本作はむしろ伝奇としての神々の扱いが中心となり、
テーマからして異なっているのです。
その影響からか、万葉EDがなくなりハーレムEDになっていますし、
終わった後の余韻がオリジナルと全く違うんですよね。

また一部のキャラは名前も異なってくるのですが、
それ以上に同じ見た目でも性格が異なってきたのが大きかったです。
特にこの作品は長い年月と万葉の神秘さが絶妙に絡みあい、
それによって他にはない雰囲気を醸しだしていたのですが、
単なるツンデレっぽくなったりしていて、
オリジナルの良さが微塵も感じられませんでした。

ストーリーもキャラもEDも異なってしまっては、
もはや別物というしかないでしょう。
他にもオリジナル版は主人公の名前が変えられ、
それがOPで表示されたりして、
そういった部分からしてゲームに入り込めたのですが、
その要素もなくなりましたしね。
戦闘とかいらない要素は残っているのに、
オリジナルの良かった部分ばかり削られてしまった感じでした。
オリジナルのPC版を望んでいた者としては完全にハズレなわけで、
リメイクとしては失格なのだと思います。

本作の制作にあたってはアダルト化の是非をめぐり、
制作陣の一部の反発にあって、
版権の関係でゲームの一部はそのままでは使えなくなりました。
様々な犠牲を伴いながら導入した「アダルト要素」も、
シーンは9つで少なく、内容的にもとても中途半端なものでした。

私は陵辱シーンの有無とかには特にこだわらないですし、
元々久遠は結構際どい描写の多い作品だっただけに、
ゲーム機ということでぼかされた部分をガッツリ書きこんでくれるならば、
むしろアダルト化には大賛成ですらあります。

しかし本作では妄想という形で入れられたりしているわけで、
これでは誰が得をするのだろうという印象しかもてません。
ここまでアダルト化のメリットがないのであれば、
アダルト要素を廃して素直に完全移植を目指した方が、
より多くの人の希望に沿えたと思うんですけどね。
リメイク作品としては、本当に残念でした。

もっとも、かなり違うということで、
本作を全く別物として楽しむことはできるでしょう。
神々や人の在り方に中心を据えたストーリーは、
これはこれで読み応えがありました。
もし完全オリジナル作品であれば私は褒めていたでしょうし、
名作にもなりえたかもしれません。

しかし本作は、いくら別物と考えるとはいっても、
リメイクの体裁を採ったことまでは消えません。
オリジナルで使えなくなったルートの書き換え部分は、
短い上に取ってつけたような中途半端さで、
ストーリー全体のクオリティを下げてしまっています。
まぁ、そこはまだ妥協するとしても、
いろいろ変更したことで前提が変化するならば、
当然その結果も異なるはずですよね。
しかし、現代編とかをそのまま流用したりするものだから、
変更した前の部分と上手く噛み合わず、
結論としてストーリーの整合性という面で違和感が生ずるのです。
完全オリジナルであれば長所となりえた部分も、
こういう違和感等があっては素直に褒められません。

また、グラフィックも原画が変わったのですが、
オリジナルの絵と新しい絵が中途半端に交じり合っています。
リメイク的視点からは新規でショボイ絵が加わったとなりますし、
別物として捉えた場合には統一感のない絵となってしまいます。
いずれにしろ褒められたものではありません。

結局、良かったのはサウンドくらいですかね。
上でもちょっと触れましたが、あの久遠の絆の加藤さんがおくる、
完全新作伝奇ノベルゲームとして全部一から作っていれば良かったんですよね。
最初から新作にしていれば流用に伴うストーリーの違和感はなくなりますし、
絵の使いまわしもなくなるから統一感のなさも生じません。
そうなると、名作になりえた可能性も結構高かったと思います。

何故にこんな中途半端なリメイクもどきになってしまったのか。
知名度を利用した売上アップのために久遠が用いられた感じがして、
ちょっと残念でしたね。

総合的には別物の新規作品としてみれば、
多少の違和感はストーリーの良さと相殺しますので、
良作レベルの内容はあると思います。
もっとも、他方であくまでもリメイクなわけで、
リメイク的には凡作以下でしかありません。
こういう作品は評価が難しいのですが、
一応間を取って佳作としておきたいと思います。

久遠と関係のない新作として作っていればと思うと、
本当に勿体無い作品でしたね。

久遠の絆 THE ORIGIN

ランク:C(佳作)

関連するタグ WIN /ノベル系 /ADV /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2011」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

どうしてこうなったのか、残念なリメイクになってしまいましたね。
原作が好きなので複雑な気分でプレイしました。
個人的には最初の平安編は楽しめたんですけどね…本当にそこだけでしたが。
今後完全新作が出ることに期待したいです。

こんばんは、コメントありがとうございます。
>どうしてこうなったのか
本当にこの一言に尽きるって感じですね。
初プレイの人はまだしも、原作が好きであればあるほど、あまり楽しめないような作りでしたから。
>個人的には最初の平安編は楽しめたんですけどね
ここも同感です。
何も全否定するつもりもないわけで、良い部分もあったんですよね。
新規で入れた部分を再構成して全くの別の新作として出していたら、面白い作品にもなっていたように思うわけで、次は正真正銘の加藤新作の登場を望みたいものですね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/572-5633cd24
| ホームへ戻る |