奏(騒)楽都市OSAKA

奏(騒)楽都市OSAKA

『奏(騒)楽都市OSAKA』は1999年にPS用として、
KING RECORDSから発売されました。

川上稔さんの同名の小説と同じ世界観を用いて作られたゲームでした。

ゲームジャンル:移動式ADV

奏(騒)楽都市OSAKA

これは好みの問題でもあるのですが、
私は自由度重視のADVって好きなんですよね。
同級生であるとか、シネマハウスであるとか、
ファイアーウーマン纏組であるとかね。
自由に動き回って、膨大な数のイベントを堪能する。
そういうゲームをやるとその世界にいる気分になれますし、
小説や映画と異なった視点で物語を楽しめるように思えるのです。

本作もまたそんな自由度重視のADVなのですが、
メンバーに指示を与えて新聞のネタを探し出し、
そして新聞を作るってのが独自の要素でした。
些細なことかもしれませんが、こういう部分って大事ですよね。
独自性があるからこそ、存在価値も増してくるわけですから。

イベントも膨大な数がありましたし、
いつまでもだらだらと遊べる大ボリュームで、
自由度の高さ的にも量的にも大満足でしたね。
っていうか、たぶんこれフルコンプは無理なんじゃないかと。
あまりに量が多かったですからね。
フルコンプしてやるんだってのもゲームに対する愛の形なのでしょうが、
本作に限ってはあんまり気合を入れすぎる人には向いていないかも。
あまり深く考えずに流れにまかせてぐぁ?っと突っ切る。
そして自分の体験したことがゲームの感想なんだと割り切る。
その方が楽しめるのかもしれませんね。

小説と同じ世界観で完全なゲームオリジナルとまでは言えないし、
やや演出面が乏しいとかありますので、
傑作とまではいかないとは思いますけどね。
それでもこれだけのゲームですし、
個性的な世界観も優れていましたので、
この手が好きな人には十分名作足りうるのではないでしょうか。

因みに、自由度重視のADVなので原作を知らなくても楽しめますが、
っていうか世界観を共通するだけで関係ないとも言えるのですが、
当然ながら原作を読んだ方が世界観の深い理解にもつながって、
より楽しめるとは思いますね。
まぁその原作を揃えるのが大変かもしれないですけれど。

ランク:A-(名作)

奏(騒)楽都市OSAKA

関連するタグ PS /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

原作付というよりラノベの都市シリーズと同じ世界、設定のゲームという感じですかね
小説と並列した一つの作品というべきか
年々、分厚くなっていく原作者である川上稔の本を見ていると
色々なガジェットを詰め込む氏の作品にはゲームという形式が一番似合うんじゃないかという気がします。
にしても
言司力(言葉に込められた想いをエネルギーに変える)という独自の物理法則
現実とは微妙に違った歴史と学生が自治権(総長と呼ばれる警察的存在がいる)を持つ社会
さらに神器(呪文とエネルギーが一緒になったようなもの? リズムと読む)や増幅器(アンプ リズムを使うための道具のようなもの)といった独特のガジェットは
はっきりいって とっつきにくかったです。
ちなみに私は理解するのを諦め、そういうものがあるんだなと楽しむだけにとどめました。

そうでしたね、ちょっと誤解を招く表現になってしまいました。
川上さんは設定はとても凝っているので、そういう点では本来は好みなはずなのですが、それ以外の部分で波長があまり合わないのか、小説の方はあまり楽しめないんですよね。
あと、分厚すぎて持ち運びに不便ですし。
時間の制約されたアニメでは尚更向いていないでしょうし、おっしゃるようにゲームという形式が一番似合う方かもしれませんね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/568-c5d55b01
| ホームへ戻る |