HEAVY RAIN (ヘビーレイン)  心の軋むとき

HEAVY RAIN (ヘビーレイン)  心の軋むとき

『HEAVY RAIN (ヘビーレイン) -心の軋むとき-』は2010年にPS3用として、
SCEから発売されました。

ゲームジャンル:インタラクティブムービー

ヘビーレイン

制作したところは『ファーレンハイト』(FH)を作ったところで、
続編ではないのですが、大まかな傾向は似ていますね。
なので、大雑把な感想もほとんど同じだったりします。

もっとも、当然ながら違いも存在します。
まず両者ともサイコサスペンス系の物語なのですが、
FHはサイコサスペンスとして進行しながら、
ラストでSFっぽくなり物語の雰囲気をぶち壊してしまいました。
途中まで凄く面白かっただけに残念という感想が多かったと思いますが、
本作ではその点は解消されましたので、
最後まで雰囲気に浸ったまま楽しむことができました。
ストーリー単独でそれほど優れているとも思えないのですが、
少なくともFH時の最大の弱点は克服され、
誰もが普通に楽しめるようになったかと思います。

ゲームジャンルとしてはインタラクティブムービー(FMV)になります。
具体的にはキャラを動かしつつムービーを見ることが主となりますが、
通常のADVは要所要所でパズルが導入されます。
それに対し本作は、場面に合わせてコマンドを押すことが求められます。
これはリアルタイムで進行しますし、
緊迫した場面ではシビアな操作が求められますので、
ちょっとしたアクションっぽくなっているのです。
仮に操作に失敗して結果が分かれても、物語進行します。
打ち切りのようなBADENDではなく1つの物語として進行しますから、
どのルートでもきっちり楽しむことができます。
その意味では良く出来ていたのですが、
自分の望むルートに行きたい場合には、
どうしてもコマンドを成功させなければならないこともあります。
そうなるとアクション系が苦手でADVをプレイしている人には、
ちょっと辛い面も出てくるかもしれません。

前述のように、リアルタイムで進行する中でのボタン操作ということで、
ゲーム的には昔からあるFMV系と同じタイプになります。
直近ではFHもあるわけですし、ゲームとしての新鮮さはありません。
新鮮さがなくても完成度が高ければ問題はないのですが、
長所も短所も昔から変わらずといった感じで、
ゲーム的には特に見るべきところはなかったように思います。
個人的にはADVとしての可能性を追求してもらいたかったわけで、
このようなアクション方面に頼ることは好ましくなかったですね。
時折言われるようなADVの新しい形ではないと思うのですが、
いつまで経っても若手扱いされる10年選手みたいなものなのでしょうか。
何か不思議な気分です。

まぁ、本作に関して言えばARIと呼ばれる捜査ツールが出てきます。
小道具ではありますが、良いアクセントにはなりました。
これを存分に活用していれば、
本作ならではのゲーム性というものがもっと表現できていたと思います。
残念ながらあまり上手く活用されていなかったわけで、
化ける可能性もあっただけにちょっと勿体無かったですね。

これらストーリーとゲーム性の点はFHの弱い部分でもありましたが、
本作ではプラスにはならなくてもマイナスからの脱却には成功しました。
となると、今度はFHの時のプラス面ですね。
FHの最大の魅力は、まるでドラマを見ているかのような、
その圧倒的な演出の良さにありました。
演出の素晴らしさは本作でも健在で、
この部分に関しては他のADVを完全に凌駕しているでしょう。
それ故に十分に長所と言えるのですが、
FHの時のようなゲームでここまでできるのかという、
そんなずば抜けたインパクトはなかったように思います。
あくまでも、FHからの延長線でしかないですからね。

つまり、FHは長所と短所のハッキリ分かれた、
凹凸の激しい作品だったのですが、
本作は短所も減ったけど長所も減った凹凸の少ない作品なのです。
そういう意味では、より万人向けになったのでしょう。
私は多少の短所があっても、
それ以上の強烈な魅力がある作品の方が好みです。
なので、本来的には好みでない方向への進化となったわけです。
もっとも、演出面でのインパクトは減ったものの、
PS3による画質面や表現方法の向上により、
インパクトの減少は最小限に収まったように思います。
なので総合的には、
長所と短所が相殺しあって良作といったところでしょうか。

この手のゲームを知らない人は触れてみる良い機会ですし、
詳しい人でもADVの演出面での先端の手法に触れることができます。
なので、より多くの人に触れてもらいたい作品だと思います。

ただ、最後にゲームの内容とも評価とも関係ないのですが、
さも新しい物を作ったかのようなクリエイターのでかい態度だけが、
妙に気になったものです。

ランク:B-(良作)

ヘビーレイン



関連するタグ PS3 /ADV /インタラクティブムービー /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2010」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/566-4a88e8e7
| ホームへ戻る |