セーラ

セーラ

『セーラ』は1995年にPC98用として、
ハーベストから発売されました。

ややこしいかもしれませんが、18禁の育成SLGでした。

ゲームジャンル:育成SLG

sela02.jpg

<感想>


調教SLGとはどう違うの?って思う方もいるでしょう。
結局やることは一緒なので区分けの実益もあまりないし、
どうでもいいことなのかもしれません。
おそらく、多くの人は直感的に使い分けているのでしょう。
でも、どうでもいいことほどこだわってみたくなるのが人ってものです。

で、区分けの仕方についていろんな意見を聞いたことがありましたが、
私が一番しっくりきたのは、
対象が成長する意思を有しているか否かです。
育成SLGの場合、対象は自ら成長する意思を有しています。
でも、アダルトゲームの多くや競馬SLGの場合、
対象は自らの意思に関係なく変化していきます。
それが調教SLGなんですね。

本作はヒロインが脱ぐので18禁になっていますが、
内容的には育成SLGと言えるのでしょう。
っていうか、友人の娘を育てる主人公という設定なので、
端的に言うと『プリンセスメーカー』の18禁版なのです。
sela01.jpg

まぁこう書いちゃうと典型的な二番煎じ作品にしか見えないのですが、
プリメで多くのプレイヤーが望んだものが加わっていますので、
これはこれでありじゃんって思えますし、
中にはプリメ以上だと感じた人もいるかもしれません。

まず、本作はアダルトゲームということで脱ぎますし、
育てた娘と結婚式を挙げて妻にすることが出来ます。
些細なことかもしれませんが、
この要素があるとないとでは大違いです。
それだけでもこのゲームを購入する価値があるってものです。

また、プリメでは結局全部娘がやってしまうので、
若干親父と娘の間の距離がありました。
いや、プレイヤーとの距離になるんですかね。
プレイヤーは親父の立場に感情移入すると思うのですが、
本作では親父を鍛えて稼がせるのでプレイヤーとの一体感もありますし、
ADV的要素が強まったこともあり、
娘と一緒に生活しているんだって感覚も強まっています。

プリメが好きで好きでたまらず、似たような作品は認めないって人は、
本作はプレイしない方が賢明でしょう。
SLG部分はむしろ簡略化されていますしね。
でも逆に、プリメは好きだけど少し不満もあったんだよなって人は、
もしかしたら本作がツボにはまるかもしれません。
そういう人にはきっと名作に感じられるのではないでしょうか。
個人的には脱いでHもあるプリメってことで非常に満足できましたが、
95年時には育成SLGも多様に発達していましたから、
その中で名作というにはもう1つ何か特徴が足りないんですよね。
それ故、客観的には欠点もないけど長所も乏しいと言うことで、
トータルでは良作にとどめておきます。
でも、主観的にはかなり大満足な作品でしたね。

ランク:B-(良作)

PC-9801 3.5インチソフト セーラ

関連するタグ PC98 /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/565-3f3add91
| ホームへ戻る |