ワンチャイコネクション

ワンチャイコネクション

『ワンチャイコネクション』は1994年にセガサターン用として、
セガから発売されました。

決して悪くはないのですが、ワゴンの常連でしたね。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV



いや、買う気はなかったんだけどね。
基本的に実写系のADVも好きだし、
いっつもワゴンの常連なのが不憫だったし、
何より安かった(30円くらいだったかなぁ…)からね。
誰も保護しないのなら、自分が保護するしかないっしょ。

ってわけでプレイした本作ですが、
基本的にはコマンド選択式のADVになります。
システム的には普通だし、
実はごく普通に楽しめるんですよね。
3Dによる探索という、
当時としては比較的新しい試みも加えられていましたし、
決して悪い作品ではないです。

ただ、絶賛できるかというと、それもまた難しいわけでして。
ワンチャイコネクションは脚本がジェームス三木、
出演がフッ君に杉本彩に原田大二郎と、かなり有名な人を使っています。
出演費だけなら実写ゲーの中でもかなり高そうですよね。
でも高そうなんだけど、こう言うと失礼かもしれないけれど、
どことなく微妙な雰囲気が漂ってくるわけでして。
加えて舞台が香港で、事件が殺人「未遂」事件となると、
まるでパチ物にでも出くわしたかのような、
とにかく怪しさばかりが漂ってくるわけですよ。
これだけ売れないオーラを発しているゲームも珍しいものです。

まぁ、実際には上記のように普通に遊べるわけですが、
あえてこのゲームをっていう理由が、
俳優のファン以外にはあまり見当たらない作品だったわけです。
そういうわけで全体としては佳作程度かと思いますが、
出来以上の冷遇を受けてしまった感じで、
その点はちょっと不憫でしたね。
今でこそDVDとかBDとか激安で買える時代になりましたが、
当時はLDとかの映像メディアは高かったですからね。
実写映像を使った、しかもそれもゲームとして遊べるもので、
価格も手ごろという点も考慮すると、
個人的には結構ありがたい存在でもあったんですよね。

ランク:C-(佳作)



関連するタグ セガサターン /ADV /インタラクティブムービー /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/554-f035cd39
| ホームへ戻る |