そして明日の世界より――

そして明日の世界より――

『そして明日の世界より――』は2007年にWIN用として、
etudeから発売されました。

ジャンルはノベル系のADVで、
内容的には恋愛系かつ終末物ってところでしょうか。

そして明日の世界より

一番の特徴はグラフィックでしょうね。
一枚絵も綺麗でしたし、エフェクトも良かったです。
サウンドも良かったので、演出関連はとても良かったと思います。
どこに重点を置くかでも変わってきますが、
2007年のグラフィック部門では最高レベルに位置する作品でしょう。

グラフィックとも関連しますが、
キャラも全般的に好みの絵柄でした。

問題があるとすればストーリーでしょうか。
ライターはそれなりに名の知れた人ですね。
文章自体は肌に合うので体験版レベルなら楽しめるのですが、
どうにも無駄が多すぎる気がして…
基本的に起伏に乏しいスタイルですので、
あまり長くなりすぎると眠くなってきやすいのですよ。
削っても構わない部分も一杯ありますし、
とりあえず分量を半分以下にして出直して来い、
話はそれからだって感じなんですよね。
オチもイマイチ弱いですし、
底の浅い上っ面だけのような印象が拭えなくって。

絵も良い、音も良い、部分的に見ればテキストも良い。
でも、全体ではあまり楽しめない。
ノベルゲームのボリュームは昔より増えていますが、
とにかく増やせという弊害がもろに出たような作品でした。
もっとずっと短くても良いから、
伝えたいことをきちっと纏めた方が良い作品になったと思うのですが。

まぁ、ストーリー面は物足りなかったのですが、
グラフィックとサウンドが良かったので、
絵買いとしてはそれなりに満足したってことで佳作と判断しておきます。
ストーリーに過度な期待をせずに絵買い感覚で行けば、
それなりに楽しめるのではないでしょうか。

ランク:C-(佳作)

そして明日の世界より 

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2007」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |