夫の前で犯されて… violated in front of the husband

夫の前で犯されて… violated in front of the husband

『夫の前で犯されて… violated in front of the husband』は、
2006年にWIN用としてYELLOW PIGから発売されました。

『若妻万華鏡』と比べると何ともストレートなタイトルになりましたが、
YELLOW PIGというか土天冥海さんの寝取り物の第2弾ですね。

夫の

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
幸せな新婚生活を送っていた翔太と千尋。
しかし、翔太の上司を家に招いたことから千尋の悪夢な日々が始まる。
職場で上司から嫌がらせを受ける夫を救うために千尋は…。
幸せの絶頂にある夫婦に忍び寄る陰湿で淫らな罠。
上司の権力と巨根で、献身的な人妻を寝取る喜びを心ゆくまで堪能出来る
ねっとりネチネチアドベンチャー。

<感想>


ジャンルはオーソドックスなノベル系のADVで、
内容はタイトル通りの寝取り(NTL)物となります。
良くも悪くもヒロインの堕ちていく過程だけの作品なのですが、
この堕ちていく過程をしっかり描けるライターは、
残念ながらあまりいません。
土天冥海さんは堕ちていくヒロインの描写が非常に上手く、
それ故に非常に貴重なライターでもあります。

本作もヒロインの堕ちていく描写はお見事で、
十分に良作と言える内容でしょう。

ただ、発売の順番が『若妻万華鏡』の前だったなら、
もう少し素直に評価できたんですよね…

というのも、『若妻万華鏡』は堕ちる過程だけでなく、
堕ちた後の展開も秀逸な作品でした。
堕ちる過程をしっかり描けただけでも満足なのに、
そこにプラスアルファが加わったわけですからね。
これは非常に大きいです。
そこにライターのこだわりを見ることができ、
それで私はとても気に入ったのです。

一方の本作も堕ちる過程だけならば、
或いは土天冥海さんの作品の中でも1番なのかもしれません。
でも、堕ちた後の描写が弱かったんですよね。
『若妻万華鏡』で見せた強烈な個性はなりを潜め、
普通の堕ちる過程だけを描いた作品になってしまったんですね。
もちろん、上記の様にそれだけでも出来る人は少ないので貴重なのですが、
堕ちる過程を描いた作品が周りに一杯あるのも確かです。
他とは異なる個性、求めたいたものはその先にあるわけで、
強烈な何かがあればあるほど喜んだんですけどね。
それがなくなっちゃったわけですから、
どうしてもぬるくなったなぁ~って思っちゃうのですよ。

<総合>


そういうわけで、尖った部分が減り丸くなったために特徴が減り、
評価としては良作止まりかなという感じです。
もっとも、その『若妻万華鏡』にあった尖った部分、
つまり堕ちた後の展開にはかなりライターのこだわりが表れていて、
それは結構人を選ぶと思います。
『若妻万華鏡』が玄人向けならば、
本作は初心者向け万人向けと言えるでしょう。
なので、土天冥海さんの作品及びNTL系の入門用としては、
むしろこちらの方が向いているのではないでしょうか。
まぁ、今はセットになったのが発売されていますので、
購入するならそれが1番ですけどね。
エルフの『媚肉の香り』で知名度の上がった土天冥海さんですが、
媚肉では大作ゆえに控えてしまった面もありました。
真骨頂という点ではYELLOW PIG時代の方が発揮されていますので、
媚肉を気に入った人にもオススメの1本と言えるでしょうね。

ランク:B-(良作)

夫の

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2006」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |