ワーズワース

ワーズワース

『WORDS WORTH(ワーズ・ワース)』は1993年にPC98用として、
エルフから発売されました。

エルフのRPGと言えばドラゴンナイトシリーズが有名ですが、
作品単体としてエルフのRPGで最も高い評価を得たのは、
このゲームだったのではないでしょうか。

ゲームジャンル:RPG
ww02.jpg

<感想>


ジャンルは3DタイプのダンジョンRPG。
エルフはRPGも幾つか作ってきましたが、
ADVとは異なり良い印象がありませんでした。
斬新な部分が多かったADVと違って、
RPGでは手堅くまとめにきたイメージが強かったものですから。
その不安から中々手が出せずにいた作品でもありましたが、
結果的には良い意味で裏切られた作品でしたね。

win用にもリメイクされているのであらすじは省略しますが、
壮大なストーリーは良く練られていたと思います。

また主人公の物語上の成長とRPGのゲームとしての成長を上手くリンクさせ、
非常に感情移入がしやすかったですね。
こういう部分は個人的に評価が高くなりやすいです。

キャラもヒロインのシャロンをはじめ個性的なキャラが多かったですし。
ただ、未来の作品と比べるのは良くないことなのですが、
シャロンに関してはWIN用のリメイク版の方が良かったです。
基本的にリメイク作品って好きになれないのばかりなのですが、
本作のリメイク版の金髪シャロンはもろに好みでしたから。
98のオリジナル版は赤毛で、顔もあまり好きでなかったんですよね。
始めからこの金髪シャロンだったら、
また違った印象になったかもしれないわけで、
ちょっと勿体無かったですね。

総合的には欠点らしい欠点がなく、
ストーリーとキャラでポイントを稼いで名作ってところでしょうね。

ただ、私は周りの人ほどにはハマれなかったのかなと思ったり。
主観的にはエルフのRPGにイマイチ馴染めないってのもありますし、
何よりエルフのADVが持つような革新性もないですしね。
ゲーム部分が普通で、ストーリーもADVの時ほどの厚みがないわけで、
どうしてもADVと比べて物足りなさを感じちゃうのです。
まぁ、それでも傑作揃いのエルフのADVと比べての話ですので、
他所のメーカーのRPGよりは十分面白いのですけどね。

名作だとは思うけど傑作とまで思えなかったのは、そうした理由からです。
そういうわけですので、評価のわりには印象の薄い作品だったりします。
でも、それはあくまで私個人の感想であって、
一般的には98時代のアダルトRPGを代表する作品の1つと言えるでしょうね。

ランク:A-(名作)

PC-9801 3.5インチソフトワーズワース

関連するタグ PC98 /RPG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/537-81cf72f3
| ホームへ戻る |