ディメンシア グラニーのミステリーアドベンチャー

ディメンシア グラニーのミステリーアドベンチャー

『The Dementia(ディメンシア)』は1998年にWIN用として、
アルファオメガソフトから発売されました。

移植するゲームを決めるとき、
たくさんある中で何故あえて珍妙なこの作品を選んだのか。
その英断?の理由を知りたいものですね。

ゲームジャンル:FMV系ADV(インタラクティブムービー)
dement101.jpg

因みにオリジナルは1997年にMakh-Shevetから、
『Armed&Delirious』という名前で発売されています
つまり本作はそれの日本語移植版になりますね。
吹き替えではなく、字幕表示になっています。
タイトルが完全に変わっていますので、
オリジナルと本作が結びつく人は少ないかもしれません。

この作品、とにかくぶっ飛んでいました。
主人公はグラニーというお婆さんなのですが、
これがまた見た目がキモイw
dement100.jpg

しかも家族とそりが合わず屋根裏に隠居する曲者で、
拾ったアイテムはデカブラジャーにしまいこみます。
プレイヤーはこのグラニー婆さんとなって、
盗まれた自慢の料理のレシピ本を探すことになります。

キャラはいかれてるし、舞台となる世界観もかなり独特です。
このオリジナリティは高く評価しても良いように思いますね。
ただ、癖が強いだけに当然合わない人は出てくるでしょう。
また独特な世界を満喫しつつ不条理な展開を楽しむタイプなので、
筋の通ったストーリーを望む人には向かないかと思います。
ストーリーではなく世界観を楽しむという意味で、
当時主流だったMYST系ADVの楽しみ方と共通すると言えるでしょうね。

ゲームのジャンルとしては、
一応インタラクティブムービーになるかと思います。
CGで描かれた世界を謎を解きながら進むということで、
大まかな雰囲気的にはMYST系のADVに近いんですけどね。
主人公の姿が表示される点及び、
パズルというよりクリック主体のゲーム性はP&C式に近いです。
かといってテキストを楽しむのではなく映像等が主体ですからね、
やっぱりインタラクティブムービー系になるのでしょう。

独創的な世界が展開されるという意味では、
グラフィックの質も良かったんでしょうね。
しかし、画面が切り替え方式というのは少し気になりました。
この頃にはパノラマ360視点でグリグリ遊べるADVもあったので、
その点ではちょっと物足りなかったように思いますし、
グラフィック全体では大幅なプラスとまでは言えないのでしょう。
他にも細かいシステム周りもあまりよくなかったですし、
ゲームの作り自体はちょっと古い印象を抱いてしまうかもしれません。

基本的な構造の古臭さや純粋なストーリー面の弱さから、
本作を名作と絶賛する人はあまりいないでしょう。
唯一のウリである世界観はかなり人を選びそうですし、
合わない人は全く合わないでしょうから、
皆の平均点とかだとあまり伸びないタイプのゲームだと思います。
しかし好きな人ははまっていくタイプの作品でもあり、
個人的にも他に代え難い本作の世界観は評価に値すると思うので、
総合的には良作扱いとしておきたいと思います。

ランク:B(良作)

関連するタグ WIN /ADV /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1998」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/536-f8ee0ef6
| ホームへ戻る |