GAOGAO! 2nd パンドラの森

GAOGAO! 2nd パンドラの森

『GAOGAO! 2nd パンドラの森』は1994年にPC98用として、
フォアナインから発売されました。

GAOGAOシリーズの第2弾になりますね。

gaogao201.jpg

<概要>


ゲームジャンルはコマンド選択式ADVになります。

前作はちょっと先の現代が舞台だったのですが、
本作では更に前作から時代が一気に進みます。

その現代から数百年が過ぎた世界では、
人間が変異するウイルスが蔓延しているとされています。
そのために生き残った人間は、
隔離されたドーム内での生活をおくることを余儀なくされているのです。
そしてそのような世界である日、
主人公の少年と少女が樹海に迷い込み事件に巻き込まれていくことになります。

<感想>


まずは前提として、上記のようにシリーズ第2弾になります。
シリーズの第2弾ということで、
おそらくこのゲームからプレイって人はそんなにいないでしょう。
まぁ初代はだるすぎるから、ここからってのもありかもしれませんけどね。
何れにしろ、ここでの設定は後々にもかなり影響してきます。
個人的には3作目の『ワイルドフォース』と、
4作目の『カナン』だけでも構わない気もするのですけどね。
でも本当にシリーズ全体を楽しみたいのであれば、
この作品もプレイすべきと言えるでしょうね。

次に、シリーズと切り離した単体での内容についてですが。
システムはコマンド選択式のADVになります。
前作はフラグたてとかが大変だったのですが、
その点は本作では前作より幾分か改善されています。
なので前作よりは若干スムーズに進行すると思いますが、
それでも基本的にあまり上手い作り方ではないので、
マイナスではないけどプラスでもないって感じでしょうか。
かなり読むことを意識したシリーズでしたからね。
一応はコマンド選択の体裁を採っているものの、
本来はノベルに向いた作りのように思います。

ストーリーは悲しめのストーリーで、
特に終わり方を重視する人ならかなり楽しめると思います。
ただ、全体の雰囲気もシリーズの雰囲気からは浮いていますし、
作品内部でもちょっと焦点がぼやけているんですよね。
個人的にも十分に面白いのだけれど、
何か違和感が残っていてそれが若干気になってしまった感じかと。

絵は好みもあるのでしょうが、
シリーズの中ではこれが一番好きかもしれません。
gaogao202.jpg

<総合>


総合的に考えると、良作ってところでしょうか。
雰囲気的には続編たちよりも好きな部分はありますし、
本来なら名作扱いでも良いのかもしれませんけどね。
ただ94年は優れた作品が多かったですし、
GAOGAOシリーズとしても同じ年に『ワイルドフォース』も出ていますからね。
『ワイルドフォース』は文句なしに名作だとして、
本作も同じ名作と言うにはちょっと弱いように思います。
そういう相対的な面も含めた上での良作扱いなので、
もっと評価されるべきとの意見は十分にありうると思います。
私にしても当時の思惑はどうあれ、
今から再プレイしたら評価が上がりそうな気はするわけでして…
なので、機会を見つけていつかまたプレイしてみたいです。

まぁ前作の最後でも書きましたが、
今更プレイする機会のある人がいるかは分かりませんが、
もしここまでプレイしたなら絶対に最後までプレイして欲しいシリーズですね。

ランク:B(良作)

パンドラの森

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/531-f87d23e2
| ホームへ戻る |