Figure ~奪われた放課後~

Figure ~奪われた放課後~

『Figure ~奪われた放課後~』は1995年にPC98用として、
シルキーズから発売されました。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV
属性:鬱

figue02.jpg

<感想>


本作は当時勢いのあったシルキーズにしては、
比較的マイナーな印象でしたが、
もし鬱ゲーブーム時だったらもっと評価されていたかもしれない、
ちょっと出るのが早すぎた作品でした。

さて、ゼロ年代前半に鬱ゲーが流行ったことがありました。
好みは人それぞれと言ってしまえばそれまでなのですが、
日々の生活にだっていろいろ憂鬱な要因はあるのに、
何でゲームでまで鬱な気分にならなければいけないのかと、
流行る理由がよくわからなかったんですよね。

とは言うものの、いざやってみると中には楽しめるものもあるわけでして。
例えば私は、降って湧いたような次々に理由なく不幸を重ねるタイプは、
どうも苦手なみたいです。
そういうのって、さぁ鬱になって下さいと言わんばかりで、
ライターの顔が見えてあざとく感じるからなのでしょうし、
それも一種のご都合主義と言えるので苦手なのでしょう。

逆に、ちょっとしたすれ違いが次第に大きくなり、
そして最後には取り返しがつかなくなるような、
ボタンの掛け違いタイプは好きなようです。
そういうタイプの方が流れに説得力を感じる気がしますし、
読まされるノベル形式による結末と、
仮に自分が行動できたとした場合の結末との間のずれが少ないことから、
結果として違和感をあまり感じずに自然に受け入れられるからなのでしょう。

もっとも、鬱の分類はこれが全てではありません。
鬱ゲーの分類については、ここでは割愛しますが、
とりあえず上記の2パターンは、外的要因によって鬱になるゲームです。
しかし専ら内的要因、
すなわち主人公の性格故に鬱となるゲームもあるわけです。
そしてFigureは、そんなゲームだったんですね。

ここで簡単なあらすじを説明しますと、
主人公は大学時代の先輩である金持ちの御曹司に命令され、
アダルトビデオに出演するための女の子を探すため、
女子校に講師として行くことになります。
つまり大まかな流れとしては、
女の子と仲良くなり先輩の下に連れて行き、
その女の子は陵辱されてビデオに撮られてしまうというものになります。

よくある陵辱系は自分でやるのですが、
Figureは他人が陵辱するための準備を整えるわけで、
今風に言えば寝取らせゲームに近いわけです。
もう、その時点で人を選んでしまいますよね。
このゲームはシルキーズにしてはマイナーな気がするのですが、
マイナーで終わった要因の1つは、
間違いなくこの自分でなく他人に寝取らせるという構造にあるのでしょう。

もっともここまでなら、
寝取らせ属性のない人は合わないかもで終わってしまうのですが、
本作にはもう一癖あったんですね。
というのも、先輩に逆らえず嫌々やっている主人公が、
とにかくマイナス思考であり、
鬱々とした心情が最初から最後まで延々と続くのです。
そして、なまじその心理描写が上手くて優れているものだから、
プレイしているこっちまで気がふさいできてしまうのです。

これが、このFigureの全てです。
あとはそれをどう捉えるのかはプレイヤー次第です。
こんな暗い主人公に感情移入してられるかと、
主人公が合わないから嫌いという人もいるでしょう。
また、そもそもそれ以前に、
現実だけでなくゲームでまで鬱になってられるかと、
その時点でアウトな人もいるでしょう。
しかし、逆に鬱ゲーが好きならば、
当時ここまでの鬱ゲーは他にほとんどなかっただけに、
おそらく名作と思えるくらいに気に入ることができるでしょう。
実際、好みを除けばそれくらいの質は有していましたからね。
個人的には、鬱な物語としては、
そしてテキストに関しては高品質で秀逸だと思いました。

しかしほとんどは主人公の性格に由来する鬱なだけに、
主人公さえまともなら事態はいくらでも変わりうるわけで、
個人的にはどうしても強いられている気にさせられ、
その点でひっかかるものを感じてしまいました。
おそらくADVも主人公を自分で動かすものと認識する人には、
このひっかかりは大きくなるでしょう。
今の私なら特に問題はないのでしょうが、
当時はまだ自分で動かすという認識が強かっただけに、
それでひっかかりが出てしまったのでしょうね。
逆にノベルで慣れ親しんだ世代だと、
あまりひっかかりを感じないと思います。

システムはコマンド選択式のADVですが、
汎用のコマンドではなく場面に合わせた文章が表示され、
見た目は選択肢を選んでいくノベル系に近いです。
またマルチEDで分岐もしますので、
選択式とノベル系の中間的な境界線上の位置にある作品と言えるのでしょうね。

そういうわけでストーリーには長所と言いうる特徴があるのですが、
個人的には上記のひっかかりも大きいことから、
長所とまでは感じられませんでした。
とは言え、十分に楽しめたし他に欠点もないので、
良作とは言えるように思います。

まぁ、これは時代が早すぎたんでしょうね。
当時の情勢では、どう考えてもマイナーにならざるをえないでしょう。
仮に鬱ゲーの流行時に出されていたら、
もっと多くの支持を得ていたように思います。
そういう意味では、非常に不遇な作品だったかもしれませんね。

ランク:B-(良作)

PC-9801 3.5インチソフト Figure

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/530-54c8c3b3
| ホームへ戻る |