SWAN SONG

SWAN SONG

『SWAN SONG』は2005年にWIN用として、
Le.Chocolatから発売されました。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

SWAN SONG 廉価版

<概要>


その夜。それまで通り過ぎるだけの他人だったぼくたちは
大きな運命の煮えたぎる一つの釜の中に投げ込まれてしまった。
まもなく一年を終えようとする12月24日。
降誕祭の前日。その山奥の都市には昼頃から雪が舞い落ちて、
ホワイト・クリスマスを祝う喜びに満ちた空気が街中を覆っていた。
レストランや駅を飾るイルミネーションは、陽が落ち、
人々が眠りについた後も、しずかに瞬いていた。
その幸福な眠りを乗せた大地が、突如として揺れ、
そして平和な世界は一変する。アスファルトは裂け、建物は崩れ落ち、
暗闇のあちこちから恐ろしい悲鳴があがった。
ごく平穏な住宅街の光景は、瞬時にして地獄の景色となる。
その街で一人暮らしをする大学生尼子司は、
混乱の中で奇跡的に一命を拾った。
廃墟のなかを彷徨ううちに自閉症の少女八坂あろえと出会う。
そして彼女と共に避難先を求めて歩きはじめた。
風が強くなり、すっかり吹雪となってしまった街。瓦礫を踏みしめながら、
司たちは辛うじて体を風雪から守ってくれる建物を見つけた。
それは古ぼけた教会で、司はひとまずその場所で休憩を取ることに決めた。
司と同じ様に地震で家を失った若者達が、やはり同じ様にして、
集まってくる。そうして、雪の降る教会で、彼らは出会った

<感想>


災害後の極限状態における狂気を扱ったということで、
アダルトゲーム的には珍しい設定だったかと。
安易に売れ線に走るブランドも多い中で、
萌えでもバトルでもトリックでもない、
こういうものに挑戦しようとした姿勢は良いと思いますね。

それと、本作は群像劇スタイルをとっていまいした。
本来的なADVでこういうスタイルは採りえないのですが、
ADVとノベルは厳密には異なりますからね。
ノベルなら幾らでも使うことが出来るわけです。
なのに今までは、
下手にADVの縛りに囚われていた作品も多かったわけでして。
本作はそういう縛りに囚われずに作品を作り上げたって点も、
評価に値すると思います。

ただ、より小説っぽくなったことで、
ゲームとして判断するポイントが減ってしまい、
どうしても純粋なストーリーの評価に目がいってしまう、
小説等と比べてしまうのもやむを得ないかと思います。

そうなった場合、先程、
題材的にはアダルトゲームでは珍しいと書きましたが、
小説等ではわりとよくあるものです。
そして、それらには当然名作と呼ばれる作品もあるわけでして。
本作は普通には面白いのですが・・・
何と言いますか、
オマージュや典型パターンの域から出てないと思うのですよ。
あえてこの題材を選んで、それで何がしたかったのか、
そういう本作ならではってものが伝わってきませんでした。
どうにも全てが予想の範囲内で終わってしまって、
中途半端って感じがするんですよね。
いつものことではありますが、
想定の範囲内で全てが終わってしまうのは個人的に大きなマイナスですし。

それでも、『無人島物語3』のようにゲーム性と連動させるならば、
疑似体験っぽく遊べますし、
文字だけでは得られないゲームならではの感動も出てくるでしょうが、
純粋なノベルにしてしまったのでそれもないんですよね。

こういう題材の場合、初めて触れた作品はとても衝撃的に思えます。
本作で初めて触れるならば、たぶん衝撃を受けるでしょう。
そういう意味で、今まで触れたことのないタイプだったけど、
気分を変えてちょっと視野を広げてみたいって人には、
本作はお勧めできるかと思います。

でも逆に、こういう題材の作品に数多く触れてきた人には、
本作はお勧めしません。
たぶん、ほとんど得られるものはないと思いますから。

私は詳しい人ほど楽しめない・評価できない作品は、
評価すべきでないと思う方です。
ですので、本作に関しては内容的には凡作程度かなと思いました。
ただ、似たような作品が多い現在のアダルトゲーム市場で、
あえて本作を出そうとした意欲は評価したいですし、
何だかんだ言っても単純にこういうのは好みってのもあります。
そういうわけで甘いかなとは思いますが、
もっといろんな作品が出て欲しいよねって期待も含めて、
総合的には佳作と判断しておきたいと思います。

ランク:C-(佳作)

SWAN SONG 廉価版

DL版
SWAN SONG dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2005」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/53-50d61825
| ホームへ戻る |