機動戦士ガンダム

機動戦士ガンダム

『機動戦士ガンダム』は1995年にPS用として、
バンダイから発売されました。

バンダイのガンダムゲームなんて一杯あるので、
一体どれだよって思われちゃいそうですが、
95年に発売されたアクションゲームのやつですね。

機動戦士ガンダム

この頃にはアクションゲームはかなりやらなくなっていたのですが、
PSを購入したからにはこれはやらねばって思った作品でした。

そもそも新ハードを何のために購入するかと考えた場合、
新ハードならではのゲームがやりたいからってのは、
誰しもが考えることだと思います。

そして他機種にはないPSの最大の特徴といえば、
やっぱりポリゴンによる3D表現でしょう。

本作は3Dでガンダムの世界を作り上げ、
コックピット視点でゲームが進行しました。
まるで本当にパイロットになったような気になれましたし、
これはPSでなければ表現できないなと思ったものです。

もっとも、純粋にゲームとして考えた場合、
決して出来が良い作品とはいえなかったかもしれません。
操作性は悪いし、あまり面白さを追求したゲームではなかったですから。
グラフィックも今となっては当然見劣りしますし、
たぶん今やった人は何が面白いか分からないでしょうね。

でも、当時は最先端のグラフィックだったわけですし、
面白さよりリアリティを追求したような無骨さが、
何か妙に好きだったんですよね。
自分が本当に操縦したらという観点から考えるならば、
この視界の狭さもや操作性の悪ささえもリアリティにつながる味に感じられますから。

もともとガンダムが好きで宇宙世紀物は全部見たような人間なので、
ガンダム関係のゲームもたくさんやってきました。
純粋に名作・傑作と呼べるゲームは他にも一杯あるのですが、
初めて電源を入れた瞬間の感動は、
もしかしたらこれが一番だったのかなと思うわけでして。
そういうわけで、本来は守備範囲外のアクションゲームですが、
とても印象深い作品でした。

因みに、アクションがドヘタな私でもクリアできた一方で、
アクションが得意という人でも最初は戸惑うという意見を聞きますので、
慣れるのに時間がかかるけど、
慣れればアクションが苦手でもクリアできるゲームだと思います。

機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダム AMAZONで詳細を見る


関連するタグ PS /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「アクション系」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/526-3c23c29d
| ホームへ戻る |