初恋物語

初恋物語

『初恋物語』は1993年にPC98用として、
GAMEテクノポリスから発売されました。

マイナー扱いされることが多いわりには、
続編である『続初恋物語』は各機種に移植されていますし、
検索するとそれなりに数も出てきます。
それに対して初代である本作は、検索してもほとんど出てきません。
仕方ないっちゃぁ仕方ないのですが、ちょっとばかり不憫な気もしますね。

ゲームジャンル:育成SLG
hatsukoimonogatari01.jpg

<感想>


さて、あるゲームを評価するにあたって、
そのゲームの最大の特徴は何なのか、
どこが他と違うのかというのが非常に大きいと私は考えています。
恋愛系の育成SLGは90年代半ば以降急激に増えていきましたが、
そのキッカケとなったのが『ときメモ』であることは、
誰しも疑う余地のないところでしょう。
その『ときメモ』については既に書いているのでここでは触れませんが、
ゲーム内にはいろんな要素が含まれていたわけで、
その中には革新的な部分もあれば、
革新的のようでいて実は既に他がやっていて、
それの完成度を高めたというものもあるわけです。

その中の1つとして、恋愛を題材にした育成SLGであること。
そしてプレイヤーの分身である主人公自身を育てるというものがあります。
今は恋愛ゲームが非常に多いですが昔はそんなになかったわけで、
育成SLG最初期のプリメにしろ卒業にしろ、
恋愛そのものをメインに据えたものではなかったんですよね。
ときメモはその恋愛を中心に据えた点で珍しかったわけですが、
実はその点に関しては少なくともこの初恋物語の方が先でした。

また、初期の育成SLGは娘であるとか生徒であるとか鳩であるとか、
自分ではない相手方を育てるものばかりでした。
RPGが自分を育てるものであるならば、
SLGは他人を育てるものであるというイメージを持っていた人も、
いたかもしれません。
今はそういう考え方をする人はいないと思いますが、
当時は少なからずいたようにも記憶しています。
そういう意味でもときメモは珍しかったのですが、
実はこの点も初恋物語の方が先だったんですね。

そういうわけで、ときメモの中枢を担う部分に関しては、
実は初恋物語が先んじていたのです。
本作は絵も可愛かったですしね、
本当ならもっと知名度があっても良さそうなものなんですけどね。

しかし現実にはときメモの得た地位を本作は取れなかったわけで、
そこには作り込みの差があったのでしょう。

熱烈なときメモファンの中には恋愛を扱ったことが凄かったんだとか、
自分を育てることに他との違いがあったんだとの意見も中にはあるでしょう。
でもときメモは斬新さよりもむしろ完成度の高さで評価されるべきであり、
斬新さを評価するなら初恋物語の方を評価すべきなのです。

問題は、その斬新さを素直に評価できるかなんですよね。
これはどうしても意見が分かれるでしょう。
「恋愛を扱った育成SLG」に大きな意義があると考えるのであれば、
当然本作の価値は高まります。
私は「初の育成SLG」とか「初の恋愛ゲーム」には高い価値を見出せても、
その両者を組み合わせただけというだけでは、
あまり大きな価値を見出せないのです。
だから独自性でのポイントもそれ程にはつけられないわけですね。

もっとも両者を組み合わせることにより、
化学反応的に新たな方向性を見出せたのなら、
話は全然変わってきます。
ときメモはそれができたと思ったから私は評価したのですが、
初恋物語は非常に大味で育成SLGとしてあまり楽しめなかったわけで、
だから恋愛系の育成SLGとして先んじていたのに、
あまり話題にならなかったのでしょう。
その部分が決定的に違ったのだと思うのですよ。

そういうわけで私は「恋愛系の育成SLGであること」自体には、
特に大きな価値を見出していませんし、
ゲーム性だけなら本作は佳作かそれ以下もありえると思います。
ただキャラ絵がもろに好みでその分も楽しめましたので、
総合ではギリギリ良作としておきたいと思います。

もっとも中には、育成SLGで恋愛モノを扱ったこと自体に意義があると、
そう考える人もいるでしょう。
そう考える人ならば、本作に対する評価はもっとあがるように思いますね。

ランク:B-(良作)



関連するタグ PC98 /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/522-fffda6c7
| ホームへ戻る |