東脳

東脳

『東脳』は1994年にMAC用として、
ソニー・ミュージックエンタテインメントから発売されました。

今だと奇ゲーとして有名なPS版『LSD』の作者である佐藤理さんが、
デジタル・エンタテインメント・プログラムで、
作品部門最優秀賞を受賞したのがこの作品でした。

ゲームジャンル:FMV系ADV(インタラクティブムービー)
tonnou01.jpg

マルチメディアアーティストである佐藤理さんが作ったこの作品、
完全に人を選びます。
大丈夫かこれと思いたくなるような、
常人では考えつかないようなセンスの映像が繰り広げられるわけで、
動画を見てこれはと惹かれる人は絶対に楽しめるし、
そうでない人はまず楽しめないでしょう。
っていうか、うかつに子供に見せたらトラウマになりかねないですね。

ストーリーとしましては、開始時に主人公は魂を奪われてしまうわけで、
それを取り戻すために魔の島トンノウに旅に出ます。
この島、何とも気味の悪い人間の顔の形をしているわけですが、
どうやら作者の顔を元にしたそうです。
もう、この顔だけで夢に出てきそうですよ。

この顔の一部をクリックすると、
そこが剥げ落ちて中に入ることができます。
つまり新しい世界が待ち構えているわけですが、
生命の国であるとか欲望の国であるとか珍妙なものばかりです。

ただ、後のLSDなんかでは曖昧で形容のしにくい光景が並ぶのですが、
東脳ではハッキリと東洋を意識したことが見て取れますし、
しっかりと設計されています。
まぁ、そうは言っても佐藤理さんのデザインだけあって、
他にはないような異様な空間が表現されているのですけどね。

この手のゲームは海外では増えだしていましたし、
単に綺麗だったり纏まっているゲームであれば、
少なくとも私の記憶にはあまり残らなかったかもしれません。
しかし東洋を意識した作品で、
しかもここまで異常な世界となると探しても他にはないわけで、
このグラフィック・世界観は大きなプラスポイントとなりえるでしょう。

ゲームはFull Motion Video系のADV。
当時ならインタラクティブムービーという表現になるのでしょうか。
基本的には動画と音声が主となるADVなのですが、
画面は主人公視点で進行し、
プレイヤーはあちこち移動して画面内の怪しい所をクリック、
アイテムを入手したりフラグを立てながら進むわけですね。
ゲーム部分はストレスに感じたり大きなマイナスにもならないかもですが、
まだMYST系ほどの歯応えもないですし、
「ゲーム部分だけ」を求めると物足りなさを感じてしまうでしょうね。
まぁ、このゲームにそこだけを求めるような人なんて、
まずいないのでしょうけど。

総合では短所も幾つかあるものの、長所が完全にそれを上回っているので、
文句なしに名作なのでしょう。
唯一無二のオンリー1な作品ですからね。
心底魅了されたって人もいるでしょう。
サウンドも独特でしたし、とにかく中毒性の高いゲームでしたからね。
如何せん人によってはキモイと思われないゲームだけに、
万人にオススメとは決して言えない作品だとは思います。
でも逆に、珍ゲーであるとか奇ゲーが好きな人には、
一見の価値がある作品だと思いますね。

ランク:A(名作)

関連するタグ MAC /ADV /インタラクティブムービー /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/521-6278af9d
| ホームへ戻る |