戦女神2 失われし記憶への鎮魂歌

戦女神2 失われし記憶への鎮魂歌

『戦女神2 失われし記憶への鎮魂歌』は2002年にWIN用として、
エウシュリーから発売されました。

シリーズ2作目になります。
ジャンル:RPG

戦女神2

エウシュリーといえば前年の2001年に『幻燐の姫将軍』がありまして、
これがかなり楽しめました。
幻燐の姫将軍はS・RPGなのですが、
同時期に発売されたティアリングサーガよりずっとはまりましたからね。

それで自分の中では一躍注目ブランドになったのですが、
この戦女神2はRPGです。
S・RPGとはまた勝手が違うので、最初は躊躇していました。
しかし評判があまりに高かったので、結局購入に踏み切ったのでした。

さて、その肝心の中身ですが、確かに良く作りこまれています。
WIN以降のアダルトゲームもこの頃になると、
本格的なRPGはほとんどなくなってしまいました。
そのために余計にも目立ったというのもありますが、
まぁ評判が良いのも分かる気がします。
アダルトゲームという枠内で遊べる・やり込めるRPGは何かと聞かれたら、
ゼロ年代前半の作品の中ではこれが筆頭クラスと言えるでしょう。

しかし出来が良いのは、
あくまでもこの頃の「アダルトゲーム」の中ではの話です。
凝ったシステムを求めるならPCの洋物のRPGをやった方が良いですし、
(この頃はまだPCのオフラインの非アクション系RPGも結構ありましたしね)
親切さなどでもゲーム機のRPGには及びません。
それでも何かアダルトゲームらしさがあれば話は別なのですが、
ストーリーもエロもイマイチだったわけで、
本作にはそういうオンリーワンな要素がないのです。
だから全体の印象が薄くなってしまったんですね。

それと、戦闘シーンのグラフィックがあまりにショボすぎました。
SFC並どころかSFCを通り越して、
まるでFC時代のRPGをやっていたかのような錯覚を覚えたくらいです。

ボリュームだけは1級品なのですが、
ボリュームだけ多くても何の足しにもならないわけでして。
なまじ評判が良かっただけに、ちょっとガッカリでしたね。

決して悪いわけではないけれど、
これだったら洋ゲーかゲーム機のRPGでもやった方が有意義だよなと、
そう思ってしまった作品でした。
まぁ私は機種問わずにRPGをプレイするので、
このゲームはほとんど楽しめなかったわけですが、
上記のようにアダルトゲームに限ればここまでやり込める作品もあまりありません。
なので、そういうアダルトゲームオンリーの視点で考えるならば、
おすすめの作品ではあったのでしょうね。
もう1つ加えるならば、洋ゲーのRPGは玄人向けで素人お断りな雰囲気はありますし、
PS2のRPGは結構偏ったゲームが多かったと思います。
シンプルながらにやり込みも出来る昔ながらのRPGでかつ新作という意味では、
結構需要のある作品だったのかもしれませんね。

ランク:D(凡作)

ダウンロード版
戦女神2

関連するタグ WIN /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2002」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

このゲームは、1からの急進化が凄く印象に残ってますね。
あとTS好きな私には、その部分もウリの一つでした。
(まあ、大したことなくてがっかりしましたが)

さて、このゲームの良かったところに音楽があります(笑)
BGM約束の地は秀逸です。
と、言いますか、2002年度は、歌が良かった、音楽が良かったばかり記憶にあります(爆)

内容は三流臭かったのに歌が凄く良かった雨に歌う譚詩曲。
和風伝記物に著しくプラスなフィルターがかかる私でも凡作に思えたが音楽が良かったLost Passage。
原画さんがファンだった朝の来ない夜に抱かれて、プラスフィルターもあってまあセーフとして、やっぱり歌だけ良かった、それは舞い散る桜のように。

純粋にゲームとしてやりこんだ記憶は、SinsAbell 緋昏し空の遠く だけでしたね。2002年は(笑)
操作性が劣悪なアクションゲームを、シナリオ進めたい一心でキーボード必死に操作しました(爆)

この作品は、シリーズとしては前作より進化したのでしょうが、どうしても一般ゲーとの差の拡がりの方が気になってしまった感じでした。
あまり記事には書いていないのですが、CSだけでなくPCの洋ゲーとか、この頃は一般のRPGも多くプレイしていたものですから。RPGは戦闘に割く時間が多いので、そこでもの足りなさを感じてしまうと、やっぱり厳しいです。
逆に前年の幻燐の姫将軍とかは、比較対象がティアリングサーガとかなので、わりと楽しめたんですけどね。

2002年では他に、個人的には『それは舞い散る桜のように』の「Days」が非常に好きで、今でも聴いていますね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/513-011a4e1b
| ホームへ戻る |