ライトハウス

ライトハウス

『ライトハウス』は1997年にWIN用として、
シエラオンラインから発売されました。

オリジナルは1996年に発売された『Lighthouse: The Dark Being』で、
本作はその日本語版になりますね。

ゲームジャンル:MYST系ADV
属性:ファンタジー
lighthouse01.jpg

ジャンルはMYST系のADV。
日本では個別の呼称がないので、
私はMYSTに似たタイプのADVをMYST系ADVと呼んでいます。
でも、本場である欧米ではもっと露骨だったりするわけで、
MYSTに似たゲームをMYST clone(MYSTクローン)と呼ぶそうです。
日本だと何かに対して「~クローン」なんて言ったら、
おそらく不愉快に感じる人がいるかと思います。
でも、向こうではそうでもないようで、
もうそのカテゴリーで1ジャンルが出来上がってる感じなんですよね。

そしてライトハウスは、まさにMYSTクローンって感じの作品でした。
なので何か新鮮で強烈な魅力を持ったゲームがやりたいのであれば、
本作はあえてプレイする必要はないでしょうね。

でも、ゲームの作り自体はしっかりしていますし、
というかかなり難しかったので歯応えは十分すぎるほどにあります。
それに加えて何より貴重な、日本語でプレイできるMYST系のADVですからね。
難易度の高い日本語のADVがやりたいというのであれば、
おそらくその願いは叶えられるように思います。
私はどのジャンルでも難易度が高い=ゲーム性が高いとは考えないので、
この部分はあまり評価していません。
しかしそれは考え方の問題でもあり、
難易度重視の人であれば外せない一本と言えるのではないでしょうか。

またMYST系と言えば、世界観とグラフィックも大事になってきます。
いや、ある意味謎解き以上に大事な、MYST系の要と言える部分なのでしょう。
つまり、大抵の作品は謎解き部分ではあまり差がつかないので、
他との違いはここで出すしかない作品が多いわけです。
ライトハウスは難易度の高さという一応の特徴はあるのですが、
同時に機械や機械と生物が混合した物が多い、
無機質な世界観も魅力と言えるのでしょう。
MYST系はファンタジー色やホラー色の強い物が多く、
時代的にも古いものを想像させるものが多いです。
近未来的な雰囲気や無機質な雰囲気を有する作品は少なく、
当時は尚更そうと言えるでしょう。
ここは好みにもよりますが、その無機質性に価値を大きく見出せば、
より満足できるように思います。

従って、パッケージ等を見て世界観が気になった人や、
難易度の高めなMYST系ADVをプレイしたい人ならば、
きっと楽しめるように思うのです。

lighthouse12.jpg

個人的にはこの時期には技術的進化も著しい時期であり、
そっちの方を重視したこと、
難易度の高さ自体はさほど重視していないこと、
世界観は良いものの結局は良くも悪くもMYSTクローンであることから、
厳しいかもしれませんが佳作としておきたいと思います。
まぁ国内基準だと良作で、海外基準だと佳作みたいな、
そういう立ち位置の作品なのでしょう。

発売当時はまたこの類かとも思ったものですが、
今では日本語で遊べるMYST系作品がほとんどないですからね。
この規模でも良いから、また何か日本語化してもらいたいものですね。

ランク:C(佳作)

関連するタグ WIN /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/497-1fd9a3ad
| ホームへ戻る |