レジェンドオブドラグーン

レジェンドオブドラグーン

『レジェンドオブドラグーン』は1999年にPS用として、
SCEから発売されました。

グラフィックはとにかく凄かった作品でしたね。

ゲームジャンル:RPG

レジェンドオブドラグーン

昔からADVをやっているものだから、
何だかんだでグラフィックの綺麗なゲームが好きなわけでして。
綺麗なムービーの多いゲームも当然好きだから、
PS時代のFFも非常に好きでした。
PS時代のムービーを用いたRPGでは、
スクウェアが完全に頭一つ抜け出ていたわけですが、
唯一並びうる作品があるとすれば、それは本作になるのでしょう。
本作はとにかくCGとムービーの出来が抜群で、
これは紛れも無く長所と言い切れるかと思います。

ただ、大抵のシステムは平気な私なのですが、
このゲームは全く駄目でした。
一番の理由は、何と言っても戦闘ですね。
本作はタイミングにあわせてボタンを押す必要があり、
いわば目押しの要領が必要となってきます。
ちょっとでもずれるとダメージが大きく変わってきますので、
ここを得意とするか否かでゲームの印象はガラリと変わると思います。
残念ながらACT系の苦手な私はこのシステムが苦手だったのですが、
それならそれでも良いのです。
私が下手だという理由では、マイナスにはなりえませんからね。
しかし良いゲームってのは複数の手段・選択肢があるもので、
そういう自由度が少なからずあるものです。
だから目押しが苦手でも別の救済策があれば問題ないんですよね。
しかし、本作は雑魚を倒してもほとんどレベルが上がらないし、
このシステムを極めるしか道がなかったのです。
そういう選択の幅の狭さにまず問題を感じました。

また、本作では戦闘が非常に長時間になりがちです。
これが戦闘重視のRPGならそれでも良いのでしょう。
でも、1番の特徴はムービーなのです。
先に進ませなければ意味が無いわけで、
こういうムービー・ストーリー重視の作品の雑魚戦は、
さくっと快適に終わるくらいで調度良いのだと思います。
全部を均等に頑張るというのは素人の発想であって、
注目して欲しいところとそうでないところでメリハリをつけるのが、
プロの仕事なんだと思います。
雑魚戦に毎回時間をたくさんとられるのは苦痛だったわけで、
ここら辺にもセンスの無さを感じてしまうのです。

総合的には凡作でしょうね。
確かにグラフィックは良かったのだけれど、
それ以外が壊滅的に悪すぎましたから。
もう少しバランスを配慮してくれたら名作にもなりえただけに、
非常に残念な作品でしたね。

ランク:D(凡作)

レジェンドオブドラグーン

関連するタグ PS /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

シャドウハーツをプレイした時、アレ?このゲームって…生まれた既視感の正体はこの作品でした。
「アディショナル」と「リングシステム」
目押しという一点では共通していますがタイミングのシビアさは正直、雲泥だと思います。
同じ目押しゲーであるシャドハの評価が総じて好意的な理由は、敵の強さ・戦闘スピード等、
katan氏の仰られる通りメリハリをつけているってところが大きいのでしょう
PS1では最高峰のグラフィックに魅力的なキャラ。終盤の展開とか見所はいっぱいあるのですが…惜しいです。

>>星神さん
目押しという要素を取り入れたゲームは幾つもありますが、それだけにユーザーの目も厳しくなっているし、上手く作れないと褒められにくくなってしまいますね。
シャドウハーツも出る前はパチスロ屋だから目押しなのかと揶揄されていましたが、そんな声を完全に消してしまうくらいの好評を得ました。それだけ上手く作ったということなのでしょう。私はクーデルカの尖り具合が好きだったのですが、クーデルカはゲーム部分は弱かったものですから、余計にもゲーム部分での進化には驚かされましたけどね。
本作も見所は多かったわけで、本来は人が貶そうとも自分は褒めたいって類のゲームではあるのですが、あの戦闘はちょっと疲れてしまって、せっかくの終盤の良さも素直に楽しめなかったように思います。
ちょっとした匙加減で評価がガラリと変わりうる作品ですし、「惜しい」の一言に全てが集約されてしまうような非常に勿体無い作品でしたね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/495-bda5b136
| ホームへ戻る |