スキズム ~謎めく旅路~

スキズム ~謎めく旅路~

『スキズム ~謎めく旅路~』は2001年にWIN用として、
ツクダシナジーから発売されました。

オリジナルの『Schizm』も2001年の発売で、
本作はそれの日本語移植版になります。

ゲームジャンル:MYST系ADV
schizm02.jpg

<感想>


日本語で遊べるPCゲーのADVも、
2000年を迎える頃にはすっかり数が減ってしまいました。
ADV好きとしては選べる立場ではなく、
数少ない出された物をプレイするような状況が続いています。
もっとも2001年から2002年に限ってはツクダシナジーが頑張ったおかげで、
出来はともかくとして本数自体はそれなりに遊べたかと思います。

かようにツクダシナジーは何本かの海外のADVを翻訳し移植したのですが、
2002年にまとめて出されるちょっと前に1本だけ先に出たのが本作でした。
ジャンルは当然MYST系のADV。
何とも不思議で幻想的な世界もMYSTを連想させます。

MYST系ADVの弱点は大抵はストーリーにあるのですが、
本作はSF作家テリー・ダウリングのシナリオを採用とのこと。
本職の人が手がけたのならば、これまた期待できそうです。

またシステム面では、
複数のキャラを切り替えるザッピングシステムも採用。
ゲーム性の面でも単なるMYSTの模倣に終わっていない様子。

更に、本作はDVD2枚の大ボリュームでした。
今となっては大して凄いとも思えないでしょうが、
2001年当時はFF10ですらDVD1枚に収まっていましたからね。
2枚も要するのってどれだけ濃いのかと、本気で考えちゃったのです。

これは期待せざるを得ませんよね。
本来なら海外のゲームはあちらでの評判が分かっているので、
ある程度は事前に出来が予想できます。
しかし本作はすぐに移植されたので、評判が分かりませんでした。
なので、期待だけが増えていったのです。

…まぁ、期待しすぎた自分が悪かったのかもしれません。
確かに、普通に無難に手堅く堅実に作られた作品でした。
それなりに面白いし、値段分は十分に楽しめるでしょう。
しかし、全ての面で何か今ひとつ足りなかったわけでして。
つまり事前情報で凄そうに感じた部分はハッタリで、
海外でよく例えられるまさに「MYSTクローン」そのものだったのです。
それ以上でもそれ以下でもない、まんま「MYSTクローン」でした。

事前の妄想に比べれば、プレイの感想はいたってシンプルです。
特に叩く所もなければ特に褒めるところもない、そんな作品でした。

まぁ、しいて言うならば、謎解きで連立方程式を解かされます。
もし仮に極度の数学アレルギーであったならば、
本作には手を出さない方が良いでしょう。
いわゆるMYST系のパズルにも幾つもパターンがありますが、
本作は数学パズルといったものが多かったですから。

そういうわけでプレイ後の印象は薄い作品ではありましたが、
この時期にツクダシナジーから発売されたADVの中では、
おそらくこれが1番完成度が高いでしょう。
個性を感じられなかったので私は佳作としましたが、
完成度を重視すれば良作扱いでも構わない作品でもありました。
以後『MYST4』まで日本語で遊べるMYST系ADVがなかったことを考えれば、
案外本作の存在はありがたかったのかもしれませんね。

ランク:C(佳作)

CDソフトスキズム -謎めく旅路ー

関連するタグ WIN /ADV /MYST系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2001」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/49-fc554a7c
| ホームへ戻る |