暁の護衛

暁の護衛

『暁の護衛』は2008年にWIN用として、
しゃんぐりらから発売されました。

しゃんぐりらの代表作として、
何かと耳にすることが多かったのですが・・・
ジャンル:ノベル系ADV
暁の護衛

最初から強い系な厨二設定の主人公に、
執事ブームにあやかったようなボディーガードもの。
ということで何とも安直な設定だよなとは思ったものの、
萌えゲーはやってみないと分からない面もあるわけで。
たまにですが、やってみると凄いなと思うものもありますからね。

実際、序盤は良い感じで進行します。
ヒロインだけでなく主人公の周りの男性キャラも大事にしますので、
その辺を重視する人には好印象を与えるかと思います。

ただ、体験版でもプレイできる序盤がピークでした。
俺たちの戦いはこれからだ的な、
漫画の打切りエンドを連想させる終わり方で、
伏線らしきものを残したままストーリーは完結しません。
結局その後いろいろ出て、全3作になるようです。

それでもキャラに萌えられれば良いのですが、
サブキャラらとのコントがずっと続いていたかと思うと、
急激にヒロインとの距離が縮まりEDになってしまいます。
サブキャラも大事にする姿勢は良いのだけれど、
個別ルートがあまりに短すぎて、
ヒロインの掘り下げがまるでできていないのです。
これでは萌えたくてもあまり萌えられません。

加えて、唐突にEDになったかと思いきや、
最後の最後でいかにもとってつけたようなHシーン。
選択肢がAパターンとBパターンの2つから選べって、
何だよこれは馬鹿にしているのか?と思ってしまったわけで、
そのあまりの投げやりっぷりにあきれてしまいました。

それと主人公、あまり護衛していないです。

またテキストも誤字が多い上に分岐での整合性も取れていませんし、
この点もマイナス要因になります。
世間での評判が良いテキストですが、
ギャグは個人差があるので難しい面はあるものの、
私にはごく普通に楽しめるって感じで、
悪くもないけどそれ程絶賛するほど楽しくもなかったような感じでした。

更にグラフィックなのですが、これまた普通なのかなと。
キャラデザは男性キャラの顔に違和感があったのですが、
他は可もなく不可もなくって感じです。
もっともこれは今のうける流行路線の絵柄だなとは思ったわけで、
そういう意味では人気があるのも分かる気はします。

総合では、個人的には駄作としておきます。
いや、久しぶりに酷いものに出会った気分です。
未完だし、ボリュームないし、テキスト全般でもむしろマイナスだし、
とにかくやっつけ感が強い作品でしたから。
まぁ私にはプラス要因が全くなくてマイナス要因ばかりでしたので、
こういう評価になってしまったのも仕方ないでしょう。
もっとも絵が流行路線であるのも分かりますし、
これがプラスに作用する人も当然、しかも結構な数がいると思います。
またギャグは人それぞれな面もあるので、
ここら辺が肌に合えば結構楽しめるかもしれませんね。
まずは体験版をプレイしてそれが「凄く」面白く感じられたのであれば、
おそらく最後まで楽しめるのではないでしょうか。
逆に私みたいに普通に楽しめたから後は後半に期待してって感じですと、
全体でも楽しめない可能性が大きいように思いますね。

ランク:E(駄作)

ダウンロード版
暁の護衛

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2008」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |