彼女が見舞いに来ない理由

彼女が見舞いに来ない理由

『彼女が見舞いに来ない理由』は2009年にWIN用として、
ルネ Team Bittersから発売されました。

ジャンル:ノベル系ADV 属性:NTR(寝取られ)

彼女が見舞いに来ない理由

『彼女が見舞いに来ない理由』は完全に寝取られ特化の作品です。
昔はたった1枚、彼女が他人に犯されるCGがあるというだけで、
それだけのためにゲームを買ったりしたものです。
そんな時代が嘘のように、
これでもかってくらいに彼女が他人に犯されるシーンが一杯あります。

最近は陵辱物は低価格路線に移りつつありますからね、
こういうフルプライスでNTRに特化した、
ボリュームのある作品をプレイできるだけでもありがたいことです。

私はイマイチ良さが分からなかったのですが、
原画家も一般的には人気のある方のようですし、
NTR好きならプレイして決して損の無いゲームと言えるでしょうね。
属性特化の作品で他の要素は乏しいこともあり、
属性を有していない人は全く楽しめないでしょうが、
属性が合えば最低でも元は取れると思います。

問題は、そこから先ですね。
私はwindows以前からの古い人間なので、
かけがえのない大事な彼女が突然犯されたとか、
そういう衝撃的な部分でNTRに目覚めたようなものです。
なので最初からNTRと言われちゃうと、
何か屠殺場の豚を見ているようで心底からは楽しめません。
今は変な層が増えたために、
ブランド側もあらかじめどんな作品か言わなければなりません。
そういう状況では、私のようなタイプは、
心から楽しめるNTRには出会えないのでしょう。
嫌な時代になったものです。

本作もNTR特化をうたっている以上、あらかじめ予測がついてしまいます。
その点は残念でもありますが、仕方ないですしね。
それはそれできちんと寝取られる描写があれば、満足は出来るわけです。

本作のヒロインは純真無垢なタイプですが、
ガードが甘いし流されやすいタイプです。
つまり簡単に堕ちちゃうわけですね。
1場面だけでなく何度も寝取られ描写がある作品でこういうタイプだと、
凄く軽い女に見えちゃうのです。
しかも序盤でのヒロインの魅力を描く部分が薄いだけに、
あまり愛着の無いキャラが他人とHばかりしている印象で、
何か白けてくるのです。

これはヒロインのタイプとゲームの相性が悪かったんですかね。
純真無垢で守ってあげたくなるタイプのヒロインなら、
プレイヤーが執着するような可愛い描写を目一杯見せて、
萌えゲーのように恋愛描写を進行させつつ、
最後にズバっと両断するような強烈なNTRを入れた方が、
インパクトはあったと思います。
序盤から何度もNTRを入れるなら、
体は許しても心は許さないみたいな気丈なキャラで行った方が、
良かったように思えるんですよね。
まぁ、私の好みと言えばそれまでですが、
NTRによってプレイヤーに痛みがくるほどの、
ヒロインの描写が足りなかったのは間違いないでしょう。

また、NTRは主人公とプレイヤーが同化しやすいから、
ストーリーに共感が持てやすいとも言えます。
しかし本作の主人公は別の女性にも手を出したりしますので、
言わばどっちもどっちなのです。
お前自業自得じゃんって感じで、あまり痛みが伝わってこないのです。

そういうわけで、NTRのシーンの「多さ」は見事な作品でしたが、
テキストの描写面で若干不満が残った作品でした。
量はあるので一応満足できたこともあり、総合では佳作としておきます。
フルプライスの特化作品は珍しいので、応援はしたいんですよね。
できれば今後も挑戦して、良い物を作ってもらいたいものですね。

ランク:C(佳作)

彼女が見舞いに来ない理由

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2009」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

>昔はたった1枚、彼女が他人に犯されるCGがあるというだけで、それだけのためにゲームを買ったりしたものです。
まさしく。それが寸止めだったとか、主人公の妄想だとか、塗りの加減で髪の色が違って見えただけとかで、えらくがっかりしたものです。
>そういう状況では、私のようなタイプは、心から楽しめるNTRには出会えないのでしょう。
そいつは他人事ではなく残念な話です。
寝取られの事前情報を前提とすると、自分の場合は、
主人公もヒロインとのフラグを立てて行く段階で寝取り男と取り合う、いわば競争型のNTRなら、今少し盛り上がるんですが…
このタイプすら昨今では滅多に見かけないけど…
ちなみに、ヒロインが最初から大切な存在の寝取られ特化作品は防衛型NTRと呼んでる。

>競争型のNTR
こういうのは良いですよね。
ライバルがいるからこそ燃えるし、勝ったときの喜びも大きくなるわけですから。
ライバルもいない、ヒロインも半ハーレム状態から始まるような最近の萌えゲーはその辺がどうしても物足りなく感じてしまいます。
う~ん、突き詰めると、やっぱり昔のエルフが理想なのかな…
>防衛型NTR
世間一般でNTRと言うと、こちらのイメージになるんでしょうね。
この分野は数は増えているのですが、心底満足したものにはもう何年も出会っていないように思います。
NTRが事前に分かっているなら分かっているで、その中でもプレイヤーの想像を超える何かを入れてくれれば良いのですが、どうもどれも想定の範囲内の作品ばかりなものですから。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/488-29c0f1bc
| ホームへ戻る |