子猫物語

子猫物語

『子猫物語』は1986年にディスクシステム用として、
ポニーキャニオンから発売されました。

もう知らない人も増えているかもしれませんが、
ムツゴロウさんが監督を務めた『子猫物語』という映画がありまして、
私もその映画は見に行ったものでした。
本作はその子猫物語を題材にしたゲームになります。

ゲームジャンル:横スクロールアクション
子猫物語

アクション系をプレイしなくなった今だと、
もうこういうのは買わないのでしょう。
でも当時は結構アクション系もプレイしていましたし、
動物系のゲームも好きだったものですから。
そして何より、子猫物語自体が好きでしたからね。
チャトラン、可愛い~ってだけで購入したものです。

システムは横スクロールのアクションゲームで、
いかにも劣化版『スーパーマリオブラザーズ』って感じでしたね。
人気ジャンルにそのまま乗っかったというところでしょうか。

オッサンよりも機敏に動けるはずの猫なのに、
ほわわ~んとしたジャンプで細かい動きなんかできやしません。
その操作性の悪さに加えて、ゲームがなんとも単調でして。
それでいて無駄に難しかったし。
買ってはみたものの、あまりプレイしなかったですね。

もっとも自分がやってるときにはいらいらの方が先立ったのですが、
実はサウンドとゲームの単調さが妙にマッチしていて、
他人がやってるのはついつい見入ってしまう変なゲームでした。

少し前にもプレイ動画を見つけたのですが、
何の変化も無くつまらないと分かっているはずなのに、
ズルズルと見てたりするんですよね。

プレイしているよりも見ている方が楽しめてしまうアクションゲームという、
何だかよく分からない魅力もあったわけで、
客観的にはあまり出来は良くないと分かりつつも、
主観的には結構好きな作品でした。

子猫物語

関連するタグ 


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「アクション系」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/485-1f20e54d
| ホームへ戻る |