TOGE (棘)

TOGE (棘)

『TOGE (棘)』は1996年にPC98用として、
ポイズンブレスから発売されました。

一見するとただの陵辱モノ。
でも、そう簡単には終わらないわけでして…

toge01.jpg

<概要>


ジャンルはノベル系のADVになります。

資産家の娘・美砂子は登校の途中に誘拐されてしまいます。
犯人は美人で尊敬もしていた、主人公のピアノ教師。
しかし主人公だけでなく、ピアノ教師の二人とも、
変態男に二重に誘拐されてしまい、やがてエログロな展開へと・・・

<グラフィック>


主人公は資産家の娘なのですが、
絵柄は80年代か、それ以前の少女漫画のような雰囲気ですね。
アダルトゲームでは、今も昔も珍しいタイプですので、
この手の絵が好きな人ならば、
オンリーワンな作品として今でもいけそうに思います。

こういう絵柄は、私自身は発売当時、実はちょっと苦手としていました。
しかし少し前から、こういう方がお嬢様らしさが出ている感じがしてきて、
今ではむしろ、こっちの方が良いのではないかとすら思えてきました。
というか、このエロさを感じさせない雰囲気で陵辱モノっていうのが、
逆にとてもそそられるのですよ。

<ストーリー>


そういうわけで、ストーリーは狂気を扱った陵辱モノになります。
ゲームは主人公の回想という形で進行し、
主人公はある日拉致誘拐されて陵辱されてしまうわけです。
この誘拐犯の主犯格は主人公が尊敬する女性のピアノの先生なのですが、
その先生もまた一緒に拉致した仲間に陵辱されてしまうわけで、
混沌とした展開とハードなエロスが進行していくのが、
基本的なゲームの流れになります。

ただ、そのまますんなり終わらないところが、
ポイズンブレスらしいところでもあるわけでして。
後に『人間昆虫・覗き』を作ったりしもしますし、
一癖も二癖もあるような、ちょっと異様な雰囲気のゲームが、
このブランドには多かったんですよね。

つまり中盤までの主人公は陵辱されるだけなのですが、
この陵辱している男の方も曲者でして、
極度のマゾで普通では反応しなかったり、
少し前に殺した女の子を天子さまと呼んで花束で飾ったりと、
いろいろ危ない方向に病んでいるのです。
toge02.jpg

で、主人公が終盤で、その男を糾弾したりするわけで、
タイトルにある「棘」とは、実は主人公のことだったということなのです。

例えば主人公が変態男に対し、
「生きていないものしか愛せない」と言う部分があります。
そこを「2次元しか愛せない」と置き換えると、
オタクを痛烈に批判しているようにもとれるわけで、
ある意味とっても痛い作品だったように思いますw

<ゲームデザイン>


欠点があるとすれば、システム面になるのでしょう。
途中途中でセーブしますかとか尋ねられ、
親切心かもしれないけどそれがかえって物語への集中を阻むわけで、
その辺は少しストレスを感じてしまいましたね。

<感想・総合>


そういうわけで欠点もありますし、全体のボリュームも少なめなので、
総合ではあまり点も伸びにくい作品かもしれませんね。
一応良作としておきますが、当初は佳作としていましたし。
もちろん良い点だけなら名作クラスのインパクトもあったわけで、
佳作に近い良作としつつも、中々に印象深い作品ではありました。

ここの作品は味があるゲームが多いと思うのですが、
あまりヒットしなかったのは、
それだけ癖が強かったということなのかもしれません。
まぁ時代的なものもありますけどね。
WIN95から入った人は本作のことを知らないし、
PC98でも恋愛ゲーブームないし萌えキャラの時代が来ていましたから。
こういうグラフィックの作品にまで興味を示す人は、
限られていたのでしょう。
今ならネットで情報が広まり、
そういうのが好きな人が支持するのでしょうし、
逆に萌えが生まれる前の時代ならそれはそれで支持されそうなわけで、
こういう作品にとっては一番悪い時期での発売だったのかもしれませんね。

ランク:B(良作)

PC-9801 3.5インチソフト 棘 TOGE

関連するタグ PC98 /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/474-b776d498
| ホームへ戻る |