ときめきメモリアル2

ときめきメモリアル2

『ときめきメモリアル2』は1999年にPS用として、
コナミから発売されました。

当然ながらあの『ときめきメモリアル』の続編ですね。

ゲームジャンル:育成SLG

ときめきメモリアル2 (通常版)

<感想>


『ときめきメモリアル』には凄くハマったので、
当然ながら凄く期待はしていましたし、
限定版を購入しました。

ただ、最初に言っておきますと、
私の評価基準とは相性の悪いタイプではあるのでしょう。
何度かここを訪れた人なら分かるかとは思いますが、
私は基本的に完成度を高めただけの続編は評価しない方ですから。

本作も前作の良さを引き継ぎ、
育成SLGとしての完成度は他とは比べ物になりません。
なので、名作であること自体には何ら異論はないのです。
好きなキャラも一杯いましたしね。

しかし、面白さの内容が一緒でシステムだけ複雑になっている、
いわゆるSLGの続編物によくある傾向が私は苦手なんですね。
わざわざやらなくても、もう想像はついちゃいますから。
本作もその傾向は少なからずありますので、
どうしても前作ほどの評価は出来ないのです。

しかも、本作はCD5枚組みとなり、
明らかに操作性が前作より劣化しました。
そうなると、余計にも前作で十分だなってなっちゃうのです。

と、ここまでならギリギリ名作程度の評価にしかなりません。
しかし、本作には他にはない独自の特色がありました。
それがEVS(エモーショナルボイスシステム)ですね。
EVSは主人公の名前を合成音声で呼んでくれるというもので、
フルボイスの作品でも主人公の名前だけ音声がなくなるという、
従来のギャルゲー特有の違和感がこれによって解消されました。

この機能は発売前には期待していたし、
完全に機能していたら凄い作品になっていたんでしょうけどね。
残念ながら、結構不完全な出来な上に、
ヒロインのうち2人分しか収録されておらず、
他のヒロインの分はアペンドディスクを購入しなければ駄目でした。

これは残念でしたね。
99年はPSの後期で翌年にはPS2が発売されています。
もうPSの限界だったんでしょうね。
仮に発売日を1年遅らせてPS2用として、
ディスク1枚・音声全員分収録で発売されていたら、
おそらく傑作として高く評価していたと思います。
私は発売が少し遅かったという話をする作品が時々ありますが、
珍しく今回は逆です。
ちょっと出すのが早すぎましたね。
非常に勿体無い作品でした。

とはいえ、前述のように非常に基本システムの完成度は高い作品です。
PS時代の育成SLGとしては随一の完成度ですので、
育成SLG好きなら1度は触れてみるべき作品なのではないでしょうか。

ランク:A(名作)

ときめきメモリアル2 (通常版)

ときめきメモリアル2 [限定版]

関連するタグ PS /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/47-e1be9139
| ホームへ戻る |