逆転裁判2

逆転裁判2

『逆転裁判2』は2002年にGBA用として、
カプコンから発売されました。

前作の翌年に発売されたシリーズ第2弾になります。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV

逆転裁判2

法廷での裁判を題材にしたADVシリーズの第2弾ということで、
できれば前作からやった方が良いでしょうね。
1から次の3までで1つの区切りみたいになっていますから。

前作はその時点で既に法廷モノは他にあったし、
特に目新しいと思えるものもなかったのですが、
それでも周りの他のADVは読み物ばかりになってきただけに、
遊べる国産ADVとして貴重ではありましたし、
更なる発展を望んだものでした。

前作からの進化した点としては、
まずはサイコ・ロックの存在があります。
前作は裁判パートは楽しめたのですが、
探偵パートは何のひねりもない選択式のADVで退屈に感じたものでした。
本作ではサイコ・ロックシステムという名の下、
裁判パートと同じようなことを探偵パートでもできるようになったのです。
これにより探偵パート時から、
裁判パートにも似た緊張したプレイができるようになったわけですね。

裁判パートもマイナーチェンジされていますし、
好みの問題を除けば概ね若干の進化を遂げたと言えるのでしょう。

システム周りも少しは改善されたのですが、
まだ他機種のADVよりは弱かったですね。
GBAゆえにグラフィックとかが劣るのは仕方ないとしても、
細かい操作性などは機種を問わないわけですから、
それだけに見劣りがしてしまいます。

グラフィックはGBAとしてなら良いのでしょうが、
どうしても「GBA」という枕詞をつけなければならないのでしょうね。

ストーリーは携帯ゲーム機のユーザーの対象年齢からすれば、
これはこれでありなんでしょうけどね。
本格的な裁判モノ路線を望んでいただけに、
キャラゲー路線に進んだことはあまり芳しくなかったですね。

総合では探偵パートでも遊べるようになり、
それなりには楽しめたので佳作ではあるのでしょう。
ただ、以前よりもキャラーゲー色が強まり、
少しはあったシステム的な新鮮さも失われていき、
良作に近い存在だった前作と比べるとやや物足りないってところでしょうか。
前作で大ファンになった人には正当進化系として楽しめるでしょうが、
そうでない人にはああこんなものかと感じてしまう、
ファン向けのゲームと言えるのでしょうね。
個人的にはリアル路線に進んで欲しかっただけに、
ちょっと残念に感じた作品でした。

ランク:C-(佳作)

逆転裁判2


関連するタグ 


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2002」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/468-a78aac24
| ホームへ戻る |