サナララ ~SA・NA・RA・RA~

サナララ ~SA・NA・RA・RA~

『サナララ ~SA・NA・RA・RA~』は2005年にWIN用として、
ねこねこソフトから発売されました。

ノベル系ADVなのですが、短めのシナリオが4本の、
オムニバス作品になります。

サナララ

ストーリー的にはちょっと切ない恋愛系、
或いは成長系の物語って感じですね。

テキストは良く言えばほんわかした感じで終始進みますので、
雰囲気が好きになれれば最後まで楽しめるのかなと。
逆に相変わらず平坦な起伏に乏しいテキストですので、
これまでのねこねこの恋愛系が苦手な人だと、
今回もまたきついのかなと思います。
個人的には短めのストーリーってことで最後まではもったのですが、
やっぱり起伏の乏しさは気になってしまいました。

まぁ、その辺は想定の範囲内ではあったのですが、
ストーリー面も悪い意味でそうなっちゃった感じでしょうか。
サナララは人は誰しも一生に一度チャンスを叶えられるという、
チャンスシステムというのがキーとなっています。
つまりこれにまるわる4つの物語ってわけですね。

ただ、4つの物語は丁寧には描かれてはいるのですが、
どこかで見かけたような話ばかりなわけでして。
しかも似たようなパターンばかり並べるものだから、
より一層飽きやすく感じてしまいます。
それでも設定を活かした深い掘り下げがあれば良かったのですが、
オムニバスの性格もあってそれもあまりなかったですしね。
なので結局、ありがちというか平凡な話が4つ並んで、
それで終わったという感じでした。

振り返ってみれば銀色も同じような感想を抱いたわけで、
あちらは悲劇なのでストーリーの方向性は全然ことなるのですが、
どこかで見た悲劇を4つ集めて終わりって感じでした。

別に王道でも構わないのですが、
それらを集めたその先の何かが欲しかったわけで、
いつも肝心な部分がごっそり欠けているように思うのです。

作品は良いけどブランドは嫌いというケースも多いのですが、
ねこねこはその反対だったりします。
サービス精神は旺盛ですしブランド自体は応援したくなります。
またロリっぽい絵も結構好きだったりするので、
ちょくちょく気になってつい手を出しちゃうんですよね。
サナララは定価自体も安かったですし。
内容的にも決して悪くはないのですが、
既視感がつきまとい良くも悪くも平凡なんですよね。
そしてそれ以上に今回で成長のなさを感じてしまい、
未練というか期待もこれで切れてしまったわけで、
もうここのゲームはやらないだろうなと思った作品でもありました。

ランク:D-(凡作)

サナララ

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2005」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/464-a569d86b
| ホームへ戻る |