ウィッシュルーム 天使の記憶

ウィッシュルーム 天使の記憶

『ウィッシュルーム 天使の記憶』は2007年にDS用として、
任天堂から発売されました。

ゲームジャンル:ポイント&クリック(P&C)式ADV

ウィッシュルーム

開発はCINGというところで、
この名前自体は馴染みのない人も多いかもしれません。
しかし鈴木里香さんが手がけた作品であると言えば、
80年代のADVが好きだった人なら聞き覚えのある方もいるのではないかと。

一応知らない人向けに簡単に説明いたしますと、
80年代半ばに主にPCで名作推理ADVを多く輩出していた、
リバーヒルソフトという会社がありました。
そこでその名作ADVを手がけていた人が、鈴木里香さんなんですね。
なのでJBハロルドシリーズとか藤堂龍之介シリーズが好きだった人なんかだと、
本作の発売も楽しみだったって人も多かったのではないでしょうか。

さて、その肝心の中身なのですが。
ジャンルはタッチペンを用いたP&C式ADVとなります。
ストーリー的にはミステリーものになりますね。
あらすじは以下の通り。
「舞台は1979年のロサンゼルス郊外。
消えた友人を捜す旅を続ける、元刑事のセールスマン、カイル・ハイド。
彼がたどり着いたのは「ホテル・ダスク」。
「願いが叶う部屋」があるという噂のある、寂れたホテルであった…」

一番の魅力と感じた部分はグラフィックになるでしょうか。
DSのグラフィックには全く期待していなかったのですが、
何事も努力とセンスとアイデアで何とでもなるもんなんですね。
独特なタッチとゆらゆらと動く感じが絶妙で、
こういう進化の仕方もあるのかと感心してしまいました。
ストーリーの雰囲気にもマッチしていましたし、
ここは大きな長所と言えるかと思います。

その他の魅力としては、一応ゲーム性も挙げられるでしょうか。
CINGはアナザーコードを手がけたところでもあり、
本作でもDSの機能を上手く活かした謎解きが用意されています。
アナザーコードほどのインパクトはないので、
それほど大きなポイントとはならないかもしれませんが、
それでも本作ならではって部分もありましたし、
久しぶりに新鮮さを伴いつつ、
頭を使った国産ADVをプレイできたように思いました。

そしてもう一つが、やっぱりストーリーになるのでしょうね。
これまた大人向けと言いますか雰囲気の良い作品で、
久しぶりにじっくりと落ち着いてプレイできるストーリーでした。
大人向けのゲームがしたくていろんな機種に手を出したんですけどね、
まさか一番子供向けかと思われたDSで巡り合うとは、
何とも皮肉な感じですね。

ただ、このストーリー部分なのですが、
大人向けとして楽しめる点は大きいのですが、
大人向けだからと言ってそれが即素晴らしいというわけではありません。
あくまでもそういう傾向だということでしかないですから。
純粋にストーリーが突出しているかというとそうでもなくて、
むしろ期待していたほどでもなかったのかもしれません。
確かに楽しめる内容ではあるのですが、
あのリバーヒルの~って思っちゃうと少し物足りないかもってことですね。

それと本作は一応はミステリーものなのですが、
どちらかというとキャラの人間関係や過去とか、
そういうのを掘り下げる路線ですので、
トリックがどうのとか犯人が誰かとか、
そっち方面を期待すると肩透かしに思うかもしれません。
購入検討する人は、事前にその点は理解しておくべきかと思います。

総合的には長所もいくつかあるものの、
ボリュームとか物足りなさも若干あったわけで、
名作に限りなく近い良作ってところでしょう。
私の場合は機種関係なく判断しますので、
どうしても携帯ゲーム機のゲームには厳しくなってしまいますからね。
しかし携帯ゲーム機に限ってみるならば、
十分に名作と言って良いように思います。

最後に評価とは全然関係ないのですが、
当初は『Hotel Dusk』っていうタイトルの予定だったんですよね。
海外でのタイトルも『Hotel Dusk: Room 215』ですし。
個人的にはウィッシュルームよりHotel Duskの方が良かったわけで、
そこだけが何故変えたんだろうと、妙に引っかかったものでした。

ランク:B(良作)

ウィッシュルーム
ウィッシュルーム AMAZONで商品詳細を見る


関連するタグ 携帯機 /ADV /P&C式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2007」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |