終わりなき夏 永遠なる音律

終わりなき夏 永遠なる音律

『終わりなき夏 永遠なる音律』は2009年にWIN用として、
φageから発売されました。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

終わりなき夏 永遠なる音律

内容的には学園恋愛物で、舞台が田舎である点、
及び主人公が音楽部ということで音楽をテーマにした点が特徴でしょうか。

まずは良い点から。
本作はage系ということで、演出関連はバッチリです。
グラフィックは立ち絵が動き回るだけでなく画面全体を上手く使っていて、
それだけでも楽しめる感じです。
キャラデザも好みでしたし、サウンドも良かったし、
age系は毎回とも言えるかもしれませんが、
今回も十分に長所と言えるでしょうね。

ただ、優れていることは優れているのですが、
この作品によって何か進化したわけでもなく、
長所ではあることは間違いないのだけれど、
それ程大きな長所とまでは言えないってところでしょうか。

ここまでは良いのですが、問題はストーリーとゲームの構成ですね。
主人公はハッキリ言ってヘタレなのですが、
それだけならあまり好みの路線ではないねくらいで済みますし、
まだ構わないのです。
ストーリーが無駄に長いものだから、
いつまでもずるずると進み余計にいらついてくるわけですね。
しかもテキストや日常部分もあまり面白くなく淡々としているため、
嫌な部分を更に際立たせてしまっています。
というか、序盤はまだ楽しめるのが次第にトーンダウンしていくわけで、
序盤だけ企画屋を総動員したのでしょうか。

それより、もっと問題なのはゲームの構成ですね。
共通部分が長い上にそこであらかた済んでいるので、
個別の意味合いが薄まっています。
共通ルートでやるべきこと、
個別ルートでやるべきことってのは違うわけで、
同じ文章でも配分の仕方次第で印象も変わってしまいます。
共通でやってしまった皺寄せが最後に来てしまうわけで、
ゲーム作りのセンスを疑ってしまいます。

う~ん、実のところ、これ『つくとり』と一緒に買ってきたんですよね。
分かっていたら、どっちかやめてたでしょうに。
邪推かもしれませんが、今回も人気ジャンルにあやかったような題材、
それでいて無駄に長くつまらない展開、
そして端々に見えるゲーム作りのセンスのなさ。
このライターのゲームはもう買わないです。
キャラと演出が良かったので少しは楽しめたのですが、
その分の加点をしても凡作でしょうね。

ランク:D(凡作)

終わりなき夏 永遠なる音律



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2009」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/461-0cf01dc9
| ホームへ戻る |