クドわふたー

クドわふたー

『クドわふたー』は2010年にWIN用として、
Keyから発売されました。

『リトルバスターズ!』に出てくるクドに焦点を当てた作品ですね。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

クドわふたー

当然ではありますがリトバスを先にプレイすべきでしょうね。
まぁ、知らなくてもロリキャラいればOKってな人なら、
それはそれで楽しめちゃうようにも思いますけれど。

Keyと言うと『智代アフター』という前例があって、
それがどうにも癖の強い作品だったんですよね。
出来としては傑作扱いしましたが、
智代ファンよりは『CLANNAD』ファン向けってところもありましたし。
そういうところも踏まえると、
いろいろ勘繰りたくもなる人もいたでしょうね。
ただ、今回はクドわふとリトバスとの間に結構期間がありましたし、
そもそもライターが麻枝さんではないですからね。
普通のファンディスクっぽく考えておけば十分だろうと思っていたら、
案の定そんな感じでしたね。

さて、肝心の中身なのですが、
気になる点を挙げようと思えばいろいろ出てくるでしょう。
ストーリー自体も平凡なものですし、
リトバスの主要キャラたちもほとんど出てきませんし、
立ち絵も少ないですし。
ボリュームも多くはないですしね。
そのくせ2部構成で、2部が1部と重なる部分があるために、
初プレイ時から飛ばす羽目になりますしね。
リトバスのファンがリトバスの補完を期待してプレイしたならば、
まず物足りなさを感じてしまうのではないでしょうか。

ただ、原点に戻ってクドに焦点を当てた、
クドとの擬似新婚生活の体験という観点からは、
わりと成功したんじゃないかと思います。
もともと期待値が低かったのもありますが、
思ったより面白いなって感じましたしね。
何を求めるかにもよりますが、
クドとのバカップルぶりが楽しめればOKというのならば、
結構楽しめるように思います。

問題点も多いもののやるべきことはきちんとやったということで、
十分元は取れたと思いますね。
ただ、これは私がもともとクドが大好きなので、
それで満足出来たっていう面が強いです。
クド好きなら十分楽しめるけれど、
そうでないならまず楽しめないでしょうね。
良くも悪くもクドが好きか否かってことなのでしょう。
目的や属性が一致すれば楽しめると言うことで、
感覚的には同人ゲームに近いものがあるのではないでしょうか。

まぁ、本来なら『クドわふたー』と名付けられたゲームを、
クドファン以外が購入するってことはないんでしょうけどね。
なまじ『Rewrite』の体験版があるがために、
いろんな人が買っちゃうんでしょうね。
そうなるとクド好きでない人からは低く評価されちゃうでしょうし、
不遇と言えば不遇な作品かもしれませんね。

ランク:C(佳作)

クドわふたー



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2010」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/460-92f500bc
| ホームへ戻る |