RED

RED

『RED』は1992年にPC98用として、
ディスカバリーから発売されました。

ディスカバリー渾身の1作。
とにかくティアが可愛かった作品でした。

red01.jpg

<概要>


ゲームジャンル:コマンド選択式ADV
原画:しかとみよ

舞台は近未来になります。
主人公は貧乏な探偵事務所を経営する探偵であり、
従ってストーリー的にはSF+探偵モノになりますね。

<感想>


設定だけを見ると、当時人気のありそうなジャンルを掛け合わせた感じで、
少しありがちっぽいような雰囲気もあるのですが、
内容は良く出来ていて面白かったです。

でも、考えてみれば98時代のアダルトゲームの探偵モノも、
ありそうでいて意外と数はないわけでして。
そんな中では92年はわりと推理モノに恵まれた年だったように思いますね。

システムはアイコンを選択するコマンド選択式のADV。
たまに会話中に選択肢から選ぶ場面があったり、
FPS風のシューティングモードがあったりと、
場面ごとにシステムをいろいろ併用したような形になっています。

こういう場面に応じて変化させる姿勢自体は好感が持てるところなのですが、
シューティング部分は面倒でもあったので、
これだけはなかった方が個人的にはありがたかったです。

red02.jpg

<総合>


総じてどの項目も水準以上の内容を有しており、
高いレベルで纏まった作品だったと思います。
ただ、もう1つこれという強烈なインパクトがなかったために、
完成度の高さのわりに印象が薄くなってしまった感じですかね。

もっとも、ディスカバリーはバーディから独立しただけあって、
しかとみよさんの描くキャラはとても良かったです。
特に主人公の相棒のティアは可愛かったですね~
主人公とティアの掛け合いが楽しいから途中もテンポ良く楽しめますし、
ある意味ティアのためのゲームでもありました。
でも、そうであるが故に、Hシーンがないのが残念だったりもするわけで。

名作足りうるにはもう1押し欲しいよなってことで、
結局は良作にとどめましたが、
絵とキャラへの思い入れ次第では名作にもなりうる作品であり、
高品質な作品でしたね。

ランク:B(良作)

PC-9801 3.5インチソフト RED レッド

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/453-eb20b868
| ホームへ戻る |