真奈美 ~愛と交換の日々~

真奈美 ~愛と交換の日々~

『真奈美 ~愛と交換の日々~』は1995年にPC98用として、
レッドゾーンから発売されました。

いわゆる名前シリーズの6作目であり、
スワッピングや寝取られを題材にした珍しい作品でした。

manami03.jpg

<概要>


ゲームジャンルはコマンド選択式ADVになります。

レッドゾーンはフェアリーテールの別レーベルでして、
劇画調のアダルトな大人向けのCGに、
激しい濃厚なエロが特徴のブランドでした。

『真奈美』もまたその特徴を受け継いでいます。
サブタイの「交換」で勘の鋭い方は気付かれるかもしれませんが、
今回は特にスワッピングに焦点を当てたゲームでした。
最近はスワッピング特化ゲーも少しずつ見かけるようになりましたが、
本作以前にはあったのでしょうか?
特にスワッピングに興味があったというわけでもないので分かりませんが、
おそらくメインの題材で扱ったのは本作が最初でしょうし、
仮に最初でなかったとしても非常に珍しかったのは間違いないでしょう。

<感想>


ストーリーとしては主人公夫婦が社交ダンスをしに行ったところ、
そこは裏でスワッピングクラブを経営していまして、
それで誘われてスワッピングをしていくことになります。
manami02.jpg

で、スワッピングを繰り返しながらも、
最終的には元の鞘におさまるというか、
あらためて夫婦の絆を再確認するというもので、
エロだけという印象の強かった「名前シリーズ」の中では、
テーマ性が際立っていた作品だったように思います。

<総合>


まぁ、今になってそう思うということで、
当時はそこまで考えていなかったんですけどね。
何せスワッピングは寝取り寝取られ寝取らせといった感じで、
全部の要素に対応できる人でないと楽しめませんから。
名前シリーズというだけで手を出してはみたものの、
うわ何だこれって感じだったわけで、
寝取られにやや目覚めつつあるかという程度の当時の私には、
ちょっとハードルが高かったんですよね。
そういうわけでプレイ当時よりも、
後になって実はあれ結構良くできてたんじゃと考え直し、
良作判定に再評価したって感じですね。

名前シリーズも似ているようで微妙に毎回異なるわけですが、
濃いエロだけでなくメッセージ性みたいなのも求めたい人には、
この作品が一番オススメだったのではないでしょうか。

ランク:B(良作)

PC-9801 3.5インチソフト 真奈美

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/450-7501a44a
| ホームへ戻る |