時空探偵DD ~幻のローレライ~

時空探偵DD ~幻のローレライ~

『時空探偵DD~幻のローレライ~』は1996年にPS用として、
アスキーから発売されました。

ゲームジャンル:FMV系ADV(インタラクティブムービー)
属性:ミステリー



<感想>


このゲームはそうですね、今やって楽しめるかと聞かれたら、
絶対の自信を持ってノーと答えるでしょう。
うん、ここまで断言できるゲームも珍しいかも。

ポリゴンムービーを見るだけなのでゲーム性は皆無に近いし、
かといって納得できる纏まったストーリーらしきものもない。
オマケに数時間で終わるので、
ボリュームも恐ろしく少なかったですから。

中古屋でかなり値崩れしていましたが、
その理由も十分納得できるってものでしょう。

もっとも、今やって楽しめるかという観点とゲームの評価は別物です。
本作を名作とは言えないと思うけれども、
発売して間もなく購入した私は一応の目的は果たせましたしね。

私がこのゲームに求めたもの。
それはポリゴンムービーの可能性です。
PSになってポリゴンを用いたゲームが増えてきました。
ポリゴンを用いたムービーは、
従来のムービーとは違う可能性も秘めていたと思います。
一体どれだけのものがPSで出来るのか。
それを知りたくてこの時空探偵DDを購入したんですよね。
ゲームに何を求めるかは人それぞれなのかもしれませんが、
リアルタイムでこのゲームを定価で買った人なんてのは、
大概がそういう目的だったのではないでしょうか。

実際、ゲーム面もストーリー面もボリューム面も駄目駄目だったけれども、
グラフィック面に関してだけは発売時では抜群でした。
すぐにクリアしてしまうし2回目をやろうとも思わないから、
クリア後は真っ先に処分されちゃいやすい作品ではありました。
しかし、望んだものに関しては一定の成果を得られたという点は、
一応評価できるような気がします。
何がしたくて何が特徴なのかも分からないゲームも多いですからね、
それに比べたら十分好感が持てるってものですよ。

残念なことに本作のウリである部分はその後最も進化が激しく、
すぐにウリではなくなってしまいました。
だから今やる価値はないと思うわけですが、
リアルタイムでやった人に限るならば、
それなりに満足出来た人もいたかと思いますね。

ランク:C-(佳作)



関連するタグ PS /ADV /インタラクティブムービー /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/449-914121d6
| ホームへ戻る |